他のブログ・HP

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アケビの花 | トップページ | キバナノアマナとヒメニラ »

ウラシマソウ

再生畑②の進入路脇に、テンナンショウ属二番目のターゲット・・ウラシマソウが咲いていました。

B1554195572

最近では慣れましたが、植物観察し始めた頃は、ベロを出した蛇のようで苦手でした。「肉穂花序の先端の付属体は、釣り糸状に長く伸長・・」この釣り糸状の付属体から和名が付けられたようです。

さて、小昆虫の脱出口は?

Bp4010158

ありました!これも雄株のようです。拡大して見ると、花粉らしきものがついています。既に、脱出者がいたようです。

サトイモ科テンナンショウ属ウラシマソウ(Arisaema thunbergii Blume subsp. urashima (H.Hara) H.Ohashi et J.Murata)。

再生畑②には、石の多いエリアが少しだけあります。そこに・・。

Bp4010060 

もう少し先だと思っていたら、ツボスミレが咲いていました。他にも、タチツボスミレが彼方此方に咲いていました。ここは、一昨年まで笹の密集エリアでした。スミレ属の侵入の速さに驚かされます。石が多いので、野菜作りには向きませんから、花のエリアにしようと思い、スミレを移植し始めています。

最後に、登場の機会が無かったので・・。 

Ap1060155

再生畑①で、電気柵の上から侵入して葉野菜を食べていた雄のキジです。脅かしたら、隣の荒れ地に逃げて行きました。

Ap1060156

距離を置いただけで、姿を隠そうともしません。図太い奴だ!萌に追わせようかな・・。

« アケビの花 | トップページ | キバナノアマナとヒメニラ »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、今晩は。
やっぱり苦手ですか?
私も蛇が嫌いなので、以前は苦手でした。
今年は、冬が暖かく、植物の生長がはやいかと思ったら、返って遅いような気がします。
暖かくなってから冷えると、植物達も足踏みするようですね。

こんばんは~。
テンナンショウ属はどれもこれも、花も実もどうも苦手です。

妙高は思わぬ季節の逆戻りで・・・アタフタ
(チョット前まで今年は春が早い!なんて思っていたのに)
そちらはもう春真っ盛りのようで・・・本当に羨ましい限りです。

もこままさん、お早うございます。
ウラシマソウは、静岡市にある久能山東照宮の山で沢山見る事が出来ます。
実生株も良く見る事が出来ますが、根茎に寿命があるのか、翌年姿を消してしまう事もあります。

再生畑①でも、家族連れで訪問している事があります。
葉野菜をつつかれて、困っています。
最近、数が増えているように思います。

こんばんは。
ウラシマソウ まだ本物を見たことがありません。
 本物の蛇は苦手だけど こんなのは大好き! ^^;;;

雉 私の菜園にもよくやって来ます。
直ぐ近くに有る会社で働いていた時は
 会社の庭を雉の家族がよく歩き回っていましたよ^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アケビの花 | トップページ | キバナノアマナとヒメニラ »