他のブログ・HP

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 伊予国の植物① | トップページ | キスミレ »

伊予国の植物②

昨晩から今日の午前中は、天気が悪い予報でしたが、今のところ無事です。午後から用事があるので、雨が降らないでほしい・・。

この記事では、焼き物の町・・伊予郡砥部町で見付けた、二種の植物を掲載します。

Zzp3090043

松山から砥部町に向かう車中で、黄色い花の群生を見ました。ヒメリュウキンカです。リュウキンカと良く似ています。リュウキンカはリュウキンカ属、ヒメリュウキンカはキンポウゲ属です。

Zp3090035 Zp3090037

葉には、リュウキンカの特徴である鋭い鋸歯がありません。

Zp3090033 Zp3090040

花弁の下の萼も見分けのポイントになります。リュウキンカは、花弁は無く花弁のような萼片を持ちます。撮影時間は17時半頃だったため、花が閉じ始めていました。

Zp3090042

葉の鋸歯以外に、果実にも違いがあります。ヒメリュウキンカは痩果、リュウキンカは袋果をつけます。ヒメリュウキンカは、園芸用に作出された種類も多く、大型のものはキクザキリュウキンカと呼ばれるようです。Ylistもキクザキリュウキンカを標準和名、ヒメリュウキンカを別名としています。

次はタンポポです。

Zp3090029

まだ植物観察に熱心ではない頃、関西出身の友人から「実家の方のタンポポは白い」と聞かされました。それがずっと気になっていました。

Zp3090032 Zp3090030

近くに黄色いタンポポも生えていましたが、白いタンポポに出会う事が出来ました。こちらも夕方なので花が閉じていました。

セイヨウタンポポのような、外側の総苞の反り返りが気になっていました。「よく似た仲間のキビシロタンポポは、総苞外片に角状突起がなく反り返らず・・」とあります。それにしても、この花は下に比べて反り返りが激しいように思います。

Zimg_2222

初めて、伊予国の白花タンポポに出会ったのはこの場所(松山総合公園)です。

Zm458 Zm459

坂道を登って行くと、シロバナタンポポが彼方此方に咲いていました。この地では当たり前のように咲いている花ですが、初めて見た私は感激しました。

そして富士市でも・・。

Zs174 Zs178

富士市で見る事は稀ですが、今後段々増えていくかもしれません。タンポポは交雑種が出来易いようで、細かく分類するとかなりな種類になるそうです。黄色か白色かくらいで良いですね。

« 伊予国の植物① | トップページ | キスミレ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊予国の植物②:

« 伊予国の植物① | トップページ | キスミレ »