他のブログ・HP

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« セッコクとフウラン | トップページ | 御幸寺山(みきじさん)② »

御幸寺山(みきじさん)①

用事があって、伊予国(愛媛県)へ行って来ました。時間があったので、ホテルから歩いて行ける範囲を探索する事にしました。

宿泊先は、松山城公園の近くでしたので、愛媛大学の横を通り、愛媛縣護國神社へ向かいました。

Ximg_2064 Ximg_2062

護國神社の後ろに小さな山が見えています。「あれに上ろう!」・・嫁さんは渋い顔でしたが、どんどん先へ進みました。ところが、登山口が分からなくて、神社の東側へ向かってしまいました。

スマホでWebページを検索すると、「神社の西側を登る」とありました。ますます、渋い顔の上にブツブツ言いだしました。こういう時は、聞こえないふりをして早足で歩くのが一番です

Ximg_2089

標高は、164.6mとの事でした。時間つぶしに丁度良いかも?

Ximg_2092 Ximg_2091

護國神社の西側の道を進みます。「あっ、飲兵衛の山頭火さんの一草庵がある!」

Ximg_2093 Ximg_2095

種田山頭火終焉の地「一草庵」の入り口と、御幸寺(みゆきじ)を通過します。

Ximg_2096 Ximg_2100

御幸寺の裏側にある墓地脇を右に入ると、登山道が続いています。

Ximg_2107 Ximg_2108

途中、左側奥にあった祠です。御札には「石鎚神社大麻」と書かれていました。石鎚神社は石鎚山を神体山とする神社だそうです。富士山と同じく山岳信仰の山なんですね。

Ximg_2201 Ximg_2203

山頂へ向かう道から右手に少し入ると、小さな祠に石仏が並んでいました。その上には断崖が見えます。ロッククライミングの文字が目に入りましたので、この先から上るのかもしれません。崩れそうで危険な感じがします。

Ximg_2193

山頂の少し下から、北側を見た里山の景色です。早咲き桜や菜の花、そして柑橘類の木が見えます。

寺は「みゆきじ」で、山は「みきじさん」?御幸寺山の読み方には、文献により二通りあるようです。御幸寺山は、「みきじさん」とするWebページが殆どでした。

②へ続きます。

« セッコクとフウラン | トップページ | 御幸寺山(みきじさん)② »

史跡探訪」カテゴリの記事

呟き日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御幸寺山(みきじさん)①:

« セッコクとフウラン | トップページ | 御幸寺山(みきじさん)② »