2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シラン | トップページ | ヨウラクラン »

2019年1月 4日 (金)

カヤラン

庭の低木を剪定していると、ツツジの木にカヤランが着生していました。

Bp1030935 Bp1030933

敷地内に幾株か見付けてありますが、これが昨日見付けたカヤランです。発芽してからこれくらいになるのには、かなりの歳月が必要だと思います。如何に庭木の手入れを怠っているか分かりますね

発芽して間もない頃から、観察したいものです。

Bp1030931 Bp1030899

こちらは、別の庭木に着生していました。

台風の後に、スギ林の中を探索すると、枝に着生したまま落ちているのを良く見かけます。何故か、そのまま置くと枯れてしまうそうですので、救済が必要です。

Zp3250443 Zp3250506

こちらは、カヤランの蕾と果実です。蕾は果実と一緒に見る事が出来ます。果実が熟し、種子が飛散するのは、4月頃です。場合によっては、花と一緒に右のような状態の果実が残っている事があります。

Adsc00134 Adsc00164

花期は、3~5月頃とありますが、我が家の近くでは4月下旬頃から5月上旬が見頃になります。

Ap5051694

小さな花で、「観賞価値は低い」と書かれているWeb記事が多いですが、接写して見ると案外綺麗な花です。

今迄、着生を確認した樹種としては、スギ、ヒノキ、サクラ、ウメ、アセビ、カシ、アカシデ、タブノキ、カキ、クヌギなどがあります。あまり樹種をえり好みしない着生ランだと思います。

ラン科カヤラン属カヤラン(Thrixspermum japonicum (Miq.) Rchb.f.)。

« シラン | トップページ | ヨウラクラン »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カヤラン:

« シラン | トップページ | ヨウラクラン »