2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 冬の落葉樹 | トップページ | カヤラン »

2019年1月 3日 (木)

シラン

植物に興味のない家族に、このランの和名を教えたところ、ふざけていると思ったそうです。紫蘭・・基本的に紫紅色の花を咲かせる事から、シランの和名が付けられました。

As049 As070

木陰など、日照の少ない所に生える野生ランが多い中で、シランは日当りの良い場所に生えます。掲載した写真は植栽ですが、森町などで自生とされるシランに出会った事があります。各所に記録があるようですが、植栽品の逸出か判断するのは、なかなか難しいと思います。

A061 As283

日本に自生するランの中では、珍しく華やかな色の花をつけます。綺麗でしょ?また、白花品種をシロバナシランと呼ぶそうです。

As083 Ap5160064

「唇弁は浅く3裂し、不規則な縦ひだが5本ある」とあります。数えて見ると、5本のものとそれ以上のものも稀にありました。

実は、以前から気になっていたのですが、園芸用に販売されているシランには、中国産~台湾産のシラン属と交配したものもあるようですが、日本産のシランとの違いが良く分かりません。掲載したシランは、交配(雑)品なのかもしれません。

260 Ap1030957

花が終わり、膨らみ始めた子房と、熟した果実です。送粉者は、ハナバチの仲間だそうです。我が家では、毎年沢山の果実が生りますので、受粉率は良い方だと思います。

Ap1030961 Ap1030968

果実の鞘を割って見ると、小さな種子がびっしり詰まっていました。これが皆発芽したら、大群落を形成する事になりますね。

ラン科植物は、一般的に共生菌などの力を借りないと発芽できないため、普通に山野草の土に蒔いても発芽しませんが、このシランは発芽する事があるそうです。ハイポネックスなどをしみ込ませた用土ならどうだろう?今回良い機会なので、発芽実験をしてみようと思っています。

こんな綺麗な花を咲かせるのに、庭先や畑の隅などでも容易に育つため、特別扱いされる事の多いラン科植物の中でも、軽視されているように思います。

ラン科シラン属シラン(Bletilla striata (Thunb.) Rchb.f.)。

« 冬の落葉樹 | トップページ | カヤラン »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
今年はそちらのエリアの植物調査をして、目録に追記したいと思います。
宜しくお願い致します。

権兵衛さん、今晩は。
また本年もいろいろ教えてください。
宜しくお願い致します。

今年も綺麗は花々のUP楽しみにしています
よろしくお願いいたします

正月三ケ日は何もシランと云う穏やかな日でしたね。
本年も何事もなく送れる事を願うばかりです。
宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シラン:

« 冬の落葉樹 | トップページ | カヤラン »