2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 再生畑①(1月上旬) | トップページ | 季節だより観察会(1月) »

2019年1月 9日 (水)

シュンラン

近くの山林で、シュンランの株元を覗くと・・。

Ap1090214v A3

蕾が姿を現していました。深山の野生ランと同じく、蕾を持って冬を越します。

Ap2280289 Ap2280267

2月半ば頃になると、苞が外れ花弁や萼片が姿を現して来ます。

Sdsc05941 Sdsc05942

富士市では、3~4月頃開花します。

Sdsc05955 Sdsc05937

標準和名の通り、春を告げる野生ランです。地域では、ジジババの別名で呼ぶ事があります。花形や花色、斑紋などに変異が多く、それを観察するのも楽しいです。

Ao153 Ao219

送粉者は、ハナバチの仲間が確認されているそうですが、私はまだ訪問中の送粉者に出会った事がありません。花数の割に、果実に出会うのは稀です。

Apa291812 Apa291815

鞘(果皮)が割れ、種子を飛散し始めた果実です。中には、沢山の種子が詰まっています。発芽~発葉に関する興味深い記述がありました。それに関しては、もう少し勉強してから・・。ラン科植物は、変わった性質を持つものが多くて面白いです。

静岡県内で、出会った事のあるシュンラン属は・・。

Ap7161902 Ap7160147

ナギランとマヤランがあります。

ナギランは、葉を持ち光合成を行いますが、共生菌への依存度が高いそうです。マヤランは、葉を持たず光合成を行わない菌従属栄養植物です。両者ともかなり薄暗い林床で出会いました。自動自家受粉するのも、そういう環境に生えるための進化だと思われます。

ラン科シュンラン属シュンラン(Cymbidium goeringii (Rchb.f.) Rchb.f.)。

« 再生畑①(1月上旬) | トップページ | 季節だより観察会(1月) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュンラン:

« 再生畑①(1月上旬) | トップページ | 季節だより観察会(1月) »