2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 低山に生えるイチヨウラン | トップページ | 無事だった野生ラン »

2019年1月30日 (水)

冬の丸火自然公園

少しだけ、丸火自然公園を歩いてみました。

Ximg_0932 Ximg_0888

池には、氷が張っていました。この池には、カメやコイなどが棲んでいますが、釣りは禁止です。暖かくなれば、ヒキガエルの卵なども見る事が出来ますよ。

右の木、道祖神のようでしょ?緑の少ない季節は、こういうものが目につきます。

Ximg_0829 Ximg_0830

こちらは、リョウブの果実です。これがみんな発芽したら、リョウブだらけになりますね。発芽率が悪いのか、生育する苗が少ないのか分かりません。

Ximg_0813 Ximg_0816

左は、タイアザミ(トネアザミ)のドライフラワーでしょうか?右は、ウツギの果実のようです。

Ximg_0819 Ximg_0822

タマアジサイとイタドリのドライフラワーです。タマアジサイのドライフラワーは、綺麗で長持ちしますね。

Ximg_0820

冬、落葉する蔓性の植物は、枯れているのか分からないものが多いですが、この蔓は緑色です。ウマノスズクサ属だと思います。

Ximg_0894 Ximg_0845

この季節、特に目につくのはコウヤボウキのドライフラワーです。この林内では、彼方此方で見る事が出来ます。花は、1年目の枝につきます。

Xpc210259

こちらは、ナガバノコウヤボウキのドライフラワーです。花は、2年目の枝につきます。

慣れない内は、1年目の枝、2年目の枝が分かり難いですね。遠目に見て、花数が多く見えるのがナガバノコウヤボウキです。2年枝の葉の形は違いますが、1年枝の葉はどちらも良く似ています。

Xp1290043 Xp1290046

冠毛のついた痩果が残っていました。飛散した後に残る総苞片も、花のようで綺麗です。

Xp9040071

花期に撮った、ナガバノコウヤボウキの写真を掲載します。コウヤボウキに比べて、ナガバノコウヤボウキは、ずっと個体数が少ないと思います。

エンジン仮払い機のシャフトが折れてしまったので、部品を探していました。父親が使っていたもので、かなり古い機種ですが、とても調子が良く諦めきれずにいました。やっと見つかりましたので、修理してもらう事にしました。道具は使い慣れたものが一番です。

« 低山に生えるイチヨウラン | トップページ | 無事だった野生ラン »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の丸火自然公園:

« 低山に生えるイチヨウラン | トップページ | 無事だった野生ラン »