他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キンチョウ再び(富士市) | トップページ | 田子の浦海岸の植物② »

田子の浦海岸の植物①

今日は、内職の準備作業をしています。久々の頭脳労働なので、気分転換にブログ記事を作成しました。何時もより、早めの投稿となります。

前記事の続きです。

Aimg_9888

台風で、潮風を被った影響でしょうか?変色したクロマツの葉が目立ちました。

海岸へ降りて見ると・・。

Aimg_9907

ハマゴウにも変化がありました。焼津市の石津浜で見たハマゴウは、伸びた枝に葉をつけていたのに、ここでは枝も葉も枯れていました。

Aimg_9906 Aimg_9910

でも、株元には新たな葉が出ていましたので、復活すると思います。

そして・・。

Aimg_9914

こちらは、初めて見るハマゴウの大木(ハマゴウにしては)です。

Aimg_9915 Aimg_9918

一見、流木に絡んでハマゴウが生えていたのかと思いましたが、細枝は流木のような部分から伸びていました。ハマゴウは、こんなに太くなるんですね。

Aimg_9904 Aimg_9913

ハマエンドウにハマヒルガオの葉も、少しだけ見る事が出来ました。以前は、もっと見る事が出来たのですが、砂に埋まってしまったようです。防波堤の後ろに控えるクロマツの防潮林内にも生えていますが、小さな個体ばかりです。

Aimg_9858

これは、シダ植物のヒトツバです。キンチョウと同じく、昨年この場所で見付けました。県中西部では良く見かけますが、富士市植物仮目録には「意外なほど少なく、今のところ、〇〇の一ヶ所だけである」とあります。目録には、この確認場所を追記しておきました。

ウラボシ科ヒトツバ属ヒトツバ(Pyrrosia lingua (Thunb.) Farw.)。

富士市で確認されているヒトツバ属には、このヒトツバとイワオモダカがありますが、どちらも希少です。

※今朝、アクセスカウンターが、750,000になりました。一区切りするために、1,000,000アクセスになったら、このブログを閉鎖しようと思っています。後、どれくらいかかるだろうか?

« キンチョウ再び(富士市) | トップページ | 田子の浦海岸の植物② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/67451962

この記事へのトラックバック一覧です: 田子の浦海岸の植物①:

« キンチョウ再び(富士市) | トップページ | 田子の浦海岸の植物② »