2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年の思い出⑦ | トップページ | 再生畑②の自然観察 »

2018年12月25日 (火)

アシタバ

この時期、アシタバは果実期になります。でも、中には・・。

Zpc160239 Zpc160236

蕾をつけているものもあります。右は、開花し始めです。

Zpc160240 Qapc070393

やがて花弁が落ち、子房が膨らんで来ます。右は、アシタバの葉と茎から出る汁です。

海岸近くには、アシタバに似たハマウドが生えています。ハマウドとアシタバの違いは幾つかありますが、基本的にハマウドの花は春に咲き、アシタハの花は夏~秋に咲きます。茎を切った時出る汁の色は、アシタバの方が黄色く、またハマウドは茎に赤い筋があります。その他に、葉の鋸歯でも区別出来ます。

Zpc160244

花を接写ズームしてみました。花弁5個、オシベ5個。

Zpc160260 Zpc160253

果実の熟す時期にも、かなり個体毎の差があります。

Qapc070344 Qapc070345

熟した果実。翼が目立ちますね。発芽率は高く、僅か2本の苗から20年近く代を繋げ、フキと勢力争いをしています。

セリ科シシウド属アシタバ(Angelica keiskei (Miq.) Koidz.)。

比較のために、富士山麓に生えるシシウドの果実も掲載します。

Zp9210488 Zp9210487

似ていますが、アシタバのように隆起した筋が目立ちません。

Z013

熟した果実です。アシタバより翼が広いですね。

セリ科シシウド属シシウド(Angelica pubescens Maxim.)。

私は、アシタバを茹でてゆずぽんで食べるのが好きです。シシウドは食べられないと思っていたら、食用になると書かれたWeb図鑑もありました。食べた事のある方、いませんか?

« 2018年の思い出⑦ | トップページ | 再生畑②の自然観察 »

植物観察」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アシタバ:

« 2018年の思い出⑦ | トップページ | 再生畑②の自然観察 »