2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« ハマゴウ(焼津市) | トップページ | 石津浜広場(焼津市) »

2018年11月25日 (日)

海岸に生える植物(焼津市)

海岸の植物観察・・続きです。

Aimg_9690 Aimg_9704

これは、ハマヒルガオです。ハマゴウの群落の中に、沢山生えていました。富士市の海岸では、砂に埋まって(埋められて?)減ってしまったように思います。

ヒルガオ科ヒルガオ属ハマヒルガオ(Calystegia soldanella (L.) R.Br.)。

Aimg_9676 Aimg_9693

こちらは、コウボウムギかコウボウシバか?この写真では分かり難いですが、葉の縁に鋭い鋸歯がありましたので、コウボウムギだと思います。花期、果実期に見たいものです。

カヤツリグサ科スゲ属コウボウムギ(Carex kobomugi Ohwi)。

Aimg_9637 Aimg_9638

イネ科の植物・・ケカモノハシかオニシバか?草丈からすると、ケカモノハシのようですが・・。

Apb240394 Apb240392

果穂を撮ってみました。葉にも果穂にも毛が生えていますので、ケカモノハシだと思います。

イネ科カモノハシ属ケカモノハシ(Ischaemum anthephoroides (Steud.) Miq.)。

Aimg_9674 Aimg_9669

ハマボウフウの花が咲いていました。通常の花期は6~7月なので、本来なら果実期ですが・・。同じくセリ科のアシタバも、果実期に花の咲いている個体を見る事があります。いい加減な奴らですね。

Apb240400

「花茎、花柄は白色の毛で覆われる」とあります。毛が見えるでしょうか?

Apb240407 Apb240402

花と果実を接写してみました。ハマボウフウは、食用や薬用になるそうです。アシタバと同じですね。

セリ科ハマボウフウ属ハマボウフウ(Glehnia littoralis F.Schmidt ex Miq.)。

Aimg_9642 Apb240398

こちらは、ハマエンドウです。茎や葉、萼に軟毛のあるものは、ケハマエンドウとして品種登録されているそうです。

マメ科レンリソウ属ハマエンドウ(Lathyrus japonicus Willd.)。

最後に・・。

Aimg_9634 Aimg_9636

オナモミかオオオナモミか?もしかしたらオナモミかと思い、痩果を採取して来ました。

痩果の棘が、オオオナモミに比べてオナモミの方が少ないそうです。でも、同じ木から採ったオオオナモミの痩果を見比べると、明らかに棘の少ないものもありますので、素人鑑定からは除外です。

家のオオオナモミの痩果と比較して見ると、こちらの方が大きい!Web図鑑で調べると、オオオナモミより大きい痩果をつけるイガオナモミというものが、海岸近くの荒れ地で見られるとあります。もしかしたらこれはイガオナモミかも?来年再調査です。

植物の名前が間違っていたら、教えてください。

« ハマゴウ(焼津市) | トップページ | 石津浜広場(焼津市) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海岸に生える植物(焼津市):

« ハマゴウ(焼津市) | トップページ | 石津浜広場(焼津市) »