2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 森の中の水族館② | トップページ | ハマゴウ(焼津市) »

2018年11月23日 (金)

富士吉田市で出会った植物

山歩きではなく、平地や施設内で出会った植物(植栽も含む)です。

Bimg_9595 Bimg_9590

ソヨゴの果実が生っていました。

以前も書きましたが、山梨県や静岡県の中西部では良く出会いますが、東部や伊豆で見かける事は稀です。雌雄異株ですから、この木は雌木です。

Bimg_9557 Bimg_9559

落葉したケヤキに寄生しているのは、ヤドリギです。薄黄色の果実が生っていました。橙赤色の実をつけるアカミノヤドリギは、富士山麓で出会う事があります。こちらも雌雄異株ですので、雌木になります。

Bimg_9571 Bimg_9569

懐かしいハマナスと出会いました。右はその果実です。我が家の庭にも植えてありましたが、いつの間にか枯れてしまいました。

Bimg_9464_2 Bimg_9455

愛鷹山系や富士山で見る大型のササを「クマザサ」と呼んでいました。地域でもそう呼んでいる人が、多いと思います。ところが、「静岡県にクマザサは自生しない」と、前ブログのコメントで教えて頂きました。

クマザサの和名は、葉に隈取がある事から名付けられたそうです。でも、地域で見るスズタケにも隈取が見られます。図鑑の解説によると、「クマザサも新葉には隈取が無く、葉が越冬する時に縁が枯れて隈取になる」とあります。紛らわしいですね。別の名前の方が良かったのでは?大型のササ類を総称してクマザサと呼ぶ事もあるそうです。

写真のササは、表示札に「クマザサ」と記されていました。隈取以外の判別ポイントはどんなところでしょう?

Bimg_9560 Bimg_9604

静岡県では、カエデ属の落葉したところが多いので、山梨県ではもう見られないと思っていたのですが、まだ葉の残っている木がありました。これは、葉の縁が重鋸歯ですから、イロハモミジのようです。

Bimg_9563

こちらのカエデ属は既に落葉していましたが、ヤママユの繭がぶら下がっていました。天蚕(テンサン)と呼ばれ、安曇野市にはこれを養殖している所がありました。

Bimg_9598bjpg Bimg_9478

シダ植物・・イワオモダカにクジャクシダです。山梨県では、今年の春にもイワオモダカに出会いました。富士市では、一ヶ所だけの記録があります。園芸用に採取され、各地で数を減らしているそうです。

そして・・。

Bpb210346

家族が見つけたこの果実、何だろう?

Bpb210335 Bpb210341

接写してみました。茎がやけに長いけど、どうもマイヅルソウの果実に似ています。茎や果柄に毛がありますから、ヒメマイヅルソウの果実ではないでしょうか?

Bpb210374 Bpb210370

イチイも赤い果実をつけていました。雌雄異株(稀に雌雄同株)とあります。イチイの果実は食用になるそうですが、果肉以外はアルカロイドを含んでいるそうです。種子を飲み込まないように気をつけて食べた事があります。結構美味しかったです。

今日は、ウィルスバスターをインストールしました。我が家には複数台のパソコンがありますので、アップデートしないで、毎年一年版(3台分)を買ってインストールしています。その方が安上がりなので・・。

« 森の中の水族館② | トップページ | ハマゴウ(焼津市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士吉田市で出会った植物:

« 森の中の水族館② | トップページ | ハマゴウ(焼津市) »