他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 掘り出し物 | トップページ | 再生畑①の様子 »

浮島ヶ原自然公園(11月上旬)

今日は公園の当番でした。自宅を出る少し前に雨が降りましたが、公園では何とか降られずにすみました。今回も、ロケットランチャーのような望遠レンズを持った人が、何人か訪れました。また、ザリガニ釣りに来た家族連れも何組かいて、思ったより来園者がいました。

木道を歩いて行くと・・。

Apb041325 Apb041350

ミゾソバとアキノウナギツカミが花盛りでした。ミゾソバは、かなり前から咲いていたと思います。次から次へと咲き続けるようです。

Apb041278 Apb041273

ミゾソバ(左)とアキノウナギツカミ(右)の花は、とても良く似ています。葉を見れば区別出来ますが、ミゾソバは花序柄に赤い腺毛が生えていますがアキノウナギツカミにはありません。

そこで、気になった植物があります。茎が赤っぽく、地を這い、アキノウナギツカミに少し似ていて、花序柄に腺毛の生える植物が図鑑に掲載されていました。茎には、小さい棘があるものと無いものがあるとも書かれていました。ヤノネグサ・・もしかしたら目にしているかもしれません。確認に行かなくては・・。

Apb041319

シロバナサクラタデも、まだ花が見られました。タデ科の植物は、花期が長いようですね。

Apb041311 Apb041309

この時期は、ピンクの花が目立つような気がします。

Apb041286 Apb041295

面白い果実をつけるゴキズルも熟し始めたようです。種子を撮ってみましたが、これでは良く分かりませんねcoldsweats01

Apb041297 Apb041299

下半分が落ちて帽子だけ残っていました。どんぐりの殻斗のようです。

Apb041283

こちらは、コバノカモメヅルの果実です。イケマの果実が小型になったような感じです。

Apb041284

鞘が割れ、白い毛のついた種子が飛び出そうとしていました。

Apb041355 Apb041362

タコノアシも、茹蛸のような色になって名前が分かり易くなっていました。

Apb041359 Apb041360

5室に分かれた蓋が外れ、種子を撒き始めていました。白~薄黄色の粉のような種子です。

Apb041371

さて、苦手なイネ科の植物の花穂です。スズメノヒエの仲間だと思いますが・・。

Apb041376 Apb041382

花は偏ってついています。右は裏側の様子です。

Apb041369 Apb041368

葯が黄色ですからスズメノヒエでしょうか?

ところで・・。

Apb041342

前回当番から日が経っていましたので、葦が刈られているかと思ったら、まだ手が付けられていませんでした。サワトラノオのロゼットが、姿を現していると思うのですが、木道脇を探すと、カヤツリグサの仲間が繁茂していて見つかりませんでした。早くロゼットに日光を当てた方が良いのでは?なんて素人ながらに心配してしまいました。

« 掘り出し物 | トップページ | 再生畑①の様子 »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/67346387

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島ヶ原自然公園(11月上旬):

« 掘り出し物 | トップページ | 再生畑①の様子 »