他のブログ・HP

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« チャノキ | トップページ | ヌマダイコンとヒヨドリバナ(再生畑②) »

浮島ヶ原自然公園(十月上旬)

今日は、公園の当番でした。とても良い天気で、暑いくらいでした。

Apa080141

24号台風の潮を含んだ強風のせいか、葉が枯れたようになってしまったアシが目立っていました。また、ジャヤナギなどの枝も木道に飛散していました。

ジャヤナギは、雌雄異株ですが、日本では雌株しか知られていないそうです。どうして増えるのだろう?台風などの強風で折れ、飛散した枝が発根して増えているそうです。

Apa080137

管理棟から園内に入って直ぐに目についたのは、ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)の花でした。5月頃咲く花に比べて、ずっと小さく色も濃いですね。

Apa080157 Apa080183

前回訪問時はまだ咲いていなかったアキノウナギツカミが、咲き始めていました。

Apa080144

ミゾソバの花と良く似ています。

Apa080151

ジュウガツザクラもそうですが、淡いピンクが良いですね。

Apa080155 Apa080160

名前の由来は、この鋭い棘です。ウナギを掴むには短すぎるかな?

Apa080175 Apa080167k

こちらはミゾソバの花です。長期間、次から次へと咲きますので、見方によっては季節感の無い花です。アキノウナギツカミもそうですが、個体毎花色に変異があります。

Apa080169

こちらは濃い方の花です。

Apa080163

ミゾソバの茎にも棘があります。アキのウナギツカミ程ではありませんが・・。

園外北側の水路脇では・・。

Apa080207

ツルウメモドキの果実が綺麗に実っていました。ツルウメモドキは、雌雄異株ですから、この木は雌株という事になります。「淡い黄色の果皮が3裂し、橙赤色の仮種皮に覆われた種子が露出」したのがこの状態です。

Apa080198

綺麗でしょ?果皮が破れ、鳥の好みの色を見せるのは、未熟ではなく熟した種子を運ばせるためです。子孫を残すためにいろいろ工夫しているのですね。

ツルウメモドキはニシキギ科、似た名前のウメモドキはモチノキ科です。植物の名前は紛らわしいものが多いですね。

ところで・・。

Ap9300636k Apa080190

気になっていた大きなキノコは、表面が右のようになっていました。胞子を飛ばす状態になったのだと思います。ノウタケに皺が寄って、その後これと似た状態になったのを見た事があります。

また園内のどこかで、このキノコの子孫に再開できるかもしれません。

今日も、アメリカザリガニ釣りの親子が大勢訪れました。中には、ウシガエルと二度も顔を合わせてしまったお母さんがいました。今夜うなされるかも?

« チャノキ | トップページ | ヌマダイコンとヒヨドリバナ(再生畑②) »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/67253519

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島ヶ原自然公園(十月上旬):

« チャノキ | トップページ | ヌマダイコンとヒヨドリバナ(再生畑②) »