2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 近くで見付けた果実 | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(9月末) »

2018年9月28日 (金)

裏庭のラン

午前中は、荒れ放題の元野菜畑の草刈りをして、午後から若い世代との観察会に行きました。

Ap9280431

久々に、姿を見せてくれた富士山。見慣れているけど、姿を見せてくれないと寂しい・・。

今日の記事は、裏庭に生える着生ランです。

Ap9280489 Ap9280488

イヌマキの木に、フウラン(葉芸品などの富貴蘭)を着生させてあります。その隣には、我が家のシンボルツリーである八重枝垂れ桜に着生していたヨウラクランを移植しました。

ヨウラクランは、とても小さい花を沢山咲かせますが、結実するものはホンの少しです。でも、実生発芽を期待していました。

Ap9280475 Ap9280482

その願いが叶いました!この大きさになるまで、気付かなかったのが悔やまれます。

Ap9280479

こちらには、更に小さい苗が生えていました。ランは、単子葉植物ですから、何処かに(発芽したばかりの)一枚葉があるかと思い捜してみましたが、この日は見つかりませんでした。

Ap9280502 Ap9280500

こちらは、寄せ植えの針葉樹に着生しているクモランです。他の枝を探すと、新たな個体が見つかりました。着生ランが、自宅の庭で実生発芽してくれると、奇跡的な嬉しさがあります。経験的に、極めて稀な事ですから・・。

ラン科植物登場のついでに・・。

Ap9280497

セッコクが咲いていました!フウランの葉芸品などを園芸分野では富貴蘭と呼びますが、セッコクも長生蘭と呼ばれ古典園芸植物として、古くから親しまれて来たそうです。

Ap9280492 Ap9280499

このセッコクは、斑入り葉で「日月覆輪(じげつふくりん)」という名がついています。セッコクの開花時期は一般的に5月~6月上旬とされています。株が傷んだ様子もないし、どうした事でしょう?

今日の自然観察は、事前の予報に反してとても良い天気でした。みんな、一生懸命ノートに記録していました。下手な解説も、熱が入ります。いろいろ質問してくれたのも嬉しかった。楽しい時間を有難う!

« 近くで見付けた果実 | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(9月末) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏庭のラン:

« 近くで見付けた果実 | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(9月末) »