他のブログ・HP

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シロバナイナモリソウ | トップページ | ホソバノツルリンドウ »

丸火自然公園で見た植物

近くの山林(丸火自然公園)で見た植物を集めてみました。

Ximg_7409 Ximg_7433

クサギの花は終わり、果実が膨らみ始めていました。やがて青く熟す果実は、草木染に使われるそうです。

ツリフネソウの花も、彼方此方で咲いていました。ツリフネソウやダイモンジソウ(などのように秋に咲く花)は、標高の高い所に生える個体の方が早く咲くように思います。

Xp9061004 Xp9061005

場所によっては、大きな群落を形成しています。淡い桃色の花は出会った事がありますので、いつか白花に出会えたら・・なんて思っています。

そして、こんな植物も・・。

Xp9061011

ムカゴイラクサです。

Xp9061012 Xp9061014

雌雄同株で、上につくのが雌花、下につくのが雄花です。葉や茎に棘があり、刺さると毒虫に襲われたような痛みがあります。

Xp9061016

葉腋にムカゴがつくのも、特徴の一つです。

Xp9061010 Xp9061056

ヤマホトトギスの花も、彼方此方で見る事が出来ました。

右はツルリンドウの花です。正面から見ると、マメアサガオやホシアサガオのようですね。

Xp9060994 Xp9060993

こちらは、ノブキの葉と花です。この植物に初めて出会ったのは、長野県の某渓谷でした。「珍しい果実だ!」と思い、夢中で写真を撮ったら、近くの山林にも沢山生えていました。

Xp9060997 Xp9061003

「頭花は、周りに雌花、中心部に両性花があり、両性花は結実しない。」とあります。写真は、両性花が落ちた後の姿です。果実は、上部に腺毛があり、鬼が持つこん棒のようですね。

今日は、午後から季節だより観察会でした。雨天にもかかわらず、多くの参加者がいました。また後日の記事で・・。

« シロバナイナモリソウ | トップページ | ホソバノツルリンドウ »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/67151976

この記事へのトラックバック一覧です: 丸火自然公園で見た植物:

« シロバナイナモリソウ | トップページ | ホソバノツルリンドウ »