他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« カノコユリ | トップページ | ミズオトギリ(季節だより観察会) »

ヒヨドリジョウゴとマルバノホロシ

台風は、ほとんど雨も降らせず通り過ぎて行きました。出来れば、農作物のために大人しい雨が降ってほしいものです。

今日は、裏庭植物園に生えている少し似た植物を観察してみました。

【ヒヨドリジョウゴ】

Ap8091443 Aap8091445

朝顔のような形の葉で、全体に毛が生えています。葉の形は、付く場所によっていろいろですが・・。

Ap8091438

「花冠は5裂し、裂片は反り返り、基部に緑色の斑点がある」。基部の斑点が、同定ポイントの一つになっています。

Ap8091441

「オシベは5個、花糸は太く短い」・・図鑑の解説通りです。

一般的に、花は白で果実は赤く熟しますが、紫色の花を付ける品種をムラサキヒヨドリジョウゴ(f. purpuratum Konta et Katsuy.)、黄色い果実を付ける品種をキミノヒヨドリジョウゴ(f. xanthocarpum (Makino) H.Hara)と呼ぶそうです。いつか出会えたら掲載したいと思います。

ナス科ナス属ヒヨドリジョウゴ(Solanum lyratum Thunb.)。

【マルバノホロシ】

Ap8091451 Ap8091453

「マルバノホロシの葉の基部は、楔形~円形で、良く似たヤマホロシの葉は、基部が浅い心形~円形~切形」とあります。変異があり、慣れないと区別が難しいようですね。

右は、茎と葉柄の付け根辺りを撮ってみました。毛が無く翼が見えます。

Ap8031004 Ap8091448

次々と花が咲きます。この花は薄紫色ですが、白色もあるそうです。

Ap8031000_2

花冠の基部が淡緑色で、斑点がありません。ヒヨドリジョウゴやヤマホロシは、斑点があります(園芸用に改良されたものは除きます)。

Ap8030997 Ap8091457

まだ堅い蕾もあれば、右のように果実が膨らんだものもあります。花柄と果実の接続箇所の形でも、ヒヨドリジョウゴと区別出来ますが、果実が熟した時に比較してみたいと思います。

ナス科ナス属マルバノホロシ(Solanum maximowiczii Koidz.)。

何年間か、植物観察などのブログ記事を書いて来ましたが、振り返って見ると毎年ほぼ同じような記事が並んでいます。稀に、地域外で見た目新しい植物を掲載しますが、遠方で見たものは幾度も見に行く気になれません。それが静岡県内或いは富士市内に生えているなら、季節を変えて幾度も見に行くと思います。地域の植物目録に触れ、自分の求めるところが変わって来たのだと思います。

« カノコユリ | トップページ | ミズオトギリ(季節だより観察会) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/67038214

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリジョウゴとマルバノホロシ:

« カノコユリ | トップページ | ミズオトギリ(季節だより観察会) »