2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 不法投棄監視パトロールで出会ったアジサイの仲間 | トップページ | ヤツシロラン類栽培実験(7月末) »

2018年8月 1日 (水)

不法投棄監視パトロールで出会ったその他の花

不法投棄監視パトロールで出会った、アジサイ科以外の花を集めてみました。

【クサギ】

Bimg_6969

少し標高の高い林道沿いでは、クサギの花が見頃でした。

Bp7310855 Bp7310858

名前に反して、案外綺麗な上に良い香りがします。以前、ブログを見てくださった方から、果実を草木染に使う事を教わりました。独特の臭いがして苦手でしたが、若葉は食用になるそうですし、役に立つ植物なんですね。

シソ科クサギ属クサギ(Clerodendrum trichotomum Thunb.)。似た名前のクサギは、ミカン科ですが、こちらはシソ科なんですね。コクサギの香りは、好む人もいます。

【ヘクソカズラ】

Bp7310838

こちらも名前に反して綺麗な花です。別名のヤイトバナの方が良いかも?薬用や化粧用にも利用されると書かれていました。少し見る目を変えなければなりませんね。

アカネ科ヘクソカズラ属ヘクソカズラ(Paederia foetida L.)。

【リョウブ】

Bimg_6989

林道沿いの断崖を見上げると、リョウブの花が咲いていました。虫に好かれる花のようです。飢饉の時は、食用にされたそうです。

リョウブ科リョウブ属リョウブ(Clethra barbinervis Siebold et Zucc.)。

【マツカゼソウ】

Bp7310874 Bp7310846

この植物は、富士市では広範囲に見る事が出来ます。果実は4分果・・右の写真で4つに分かれた子房が確認出来ます。ドライフラワーも面白いです。

ミカン科マツカゼソウ属マツカゼソウ(Boenninghausenia albiflora (Hook.) Rchb. ex Meisn. var. japonica (Nakai ex Makino et Nemoto) Suzuki)。Ylistでは、ケマツカゼソウの変種としているようです。

【ミズタマソウ】

Bp7310913 Bp7310914

とても小さいけど、面白い形の花です。

Bp7310903 Bp7310907

果実には、鈎の付いた毛が沢山生えています。ひっつき虫の仲間ですね。

Bp7310911a

タニタデ、ミズタマソウ、ウシタキソウ・・小さい花を付ける上に、どれも似たような植物で苦手です

タニタデに似ていますが、花弁が明瞭に2裂しているのでミズタマソウだと思います。ウシタキソウは、茎や節が赤味を帯びない事や、全体的に毛が密生します。

アカバナ科ミズタマソウ属ミズタマソウ(Circaea mollis Siebold et Zucc.)。

【オトギリソウ】

Bp7310869 Bp7310819

和名の由来を聞くと、とても不吉な花に思えますが・・。汚れているのかと思ったら、葉や花弁、萼片に黒斑が見られます。

オトギリソウ科オトギリソウ属オトギリソウ(Hypericum erectum Thunb.)。オトギリソウの仲間はいろいろあるようです。この花が、オトギリソウで良いのか分かりません。正式名称の分かる方は教えてください。

そして・・。

【ヤクシマヒメアリドオシラン】

Bp7310793 Bp7310791 Bp7310797

少し前に登場したばかりですが、これは新たに見付けた3番目の自生地です。数年前から葉を確認して来ましたが、花の咲いた状態で見るのは今回が初めてです。

Bp7310787 Bp7310784

唇弁の裾が斜めに切れ込むのが特徴です。

Bp7310928 Bp7310924

唇弁の形は、個体毎に微妙に変化があります。

Bp7310808 Bp7310806

この写真は、角度を変えて同じ花を撮ったものです。右は、ハクウンランのようでしょ?

今のところ、この自生地にハクウンランは見当たらず、ヤクシマヒメアリドオシランのみです。やはり、萼片周りは褐色(図鑑では、赤味を帯びると表現)のものばかりです。混在している1ヶ所の自生地を除き、萼片の色でもハクウンランとヤクシマヒメアリドオシランが区別出来ると思っています。

Bp7310788

ハクウンランは、ポツポツ生えていますが、ヤクシマヒメアリドオシランは、このようにまとまって生えています。

3ヶ所の自生地はどれも広範囲で、其々かなりな個体数が確認出来ました。スギやヒノキの林内に急速な勢いで増えているように思います。GPSで位置関係を確認すると、山を隔ててはいますが、直線距離ではそれほど離れておらず、風の道で繋がっているように思います。発芽条件が難しく、全体的に個体数の少ない野生ランの中では、特異な存在のように思います。

ラン科ハクウンラン属ヤクシマヒメアリドオシラン(Kuhlhasseltia yakushimensis (Yamam.) Ormerod)。

« 不法投棄監視パトロールで出会ったアジサイの仲間 | トップページ | ヤツシロラン類栽培実験(7月末) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不法投棄監視パトロールで出会ったその他の花:

« 不法投棄監視パトロールで出会ったアジサイの仲間 | トップページ | ヤツシロラン類栽培実験(7月末) »