2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« コハクラン② | トップページ | 変形菌(7月) »

2018年7月19日 (木)

クモキリソウ属三種

今日も蒸し暑かった・・。気象庁のHPでは、東海地方の梅雨明けは、7月9日頃となっていますが、どうなってしまったのでしょう?

最近出会ったクモキリソウ属(Liparis)で、登場の機会のなかった三種を掲載します。

【コクラン】

Zp7071755

萌の散歩コースにも生えるコクランです。とっても小さな花ですが、クモキリソウに似た形ですね。

拡大して花を見ると、コクランではなく別の名前をつけた方が良かったのでは?なんて思えてしまいます。花色などは個体毎に変異があり、それを見比べるのも楽しいものです。

Zp7071753 Zp7071756

蕊柱の先端部・・葯帽は淡緑色ですが、南国方面には黒紫色になるユウコクランという種もあるそうです。

Zp7071760

アリが集っていました。アリはいろいろな花に集るけど、送粉者にはならないのだろうか?

Zp7071757 Zp7071762

コクランの葉と昨年の果実のドライフラワーです。クモキリソウ属の中では珍しく、冬になっても葉が残っています(常緑性)。

ラン科クモキリソウ属コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)。

【クモキリソウ】

Zp7092329

コクランほどではありませんが、クモキリソウも個体数の多い野生ランだと思います。結実した個体を良く見かけますが、このランは自家受粉するそうです。

Zp7092334 Zp7092330

唇弁の巻き込みが特徴の一つです。

ラン科クモキリソウ属クモキリソウ(Liparis kumokiri F.Maek.)。

【シテンクモキリ】

Zimg_6664 Zp7092179 Zp7092182

コンデジの調子が悪く、上手く撮れませんでした

自生する標高は高いですが、環境が合えば増え易い野生ランなのかもしれません。中には、右のように紫点の無いものもあります。新種記載されたのが最近であるため(2008年)、各地で様々な別名が付けられています。富士山ではフガククモキリと呼ばれていたようです。

Zp7092199 Zp7092197

数年前、狭い範囲に50株以上群生している所を見付けました。ところが除草作業で刈り取られてしまい、無念な思いをした事があります。この日は、以前より広範囲に個体を確認する事が出来、嬉しかったです。

ラン科クモキリソウ属シテンクモキリ(Liparis purpureovittata Tsutsumi, Yukawa et M.Kato)。

クモキリソウ属は、虫のような花形の上に種類が多く、また個体毎の変異も多く興味深い野生ランだと思います。でも、身近に見る事の出来るコクランや、クモキリソウも、突然姿を消してしまう事があります。案外気難しい野生ランなのかもしれません。

« コハクラン② | トップページ | 変形菌(7月) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモキリソウ属三種:

« コハクラン② | トップページ | 変形菌(7月) »