他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) | トップページ | タカネグンナイフウロ・お願い »

イケマとアサギマダラの幼虫

少し前に、ある植物を探しに行きました。その時、イケマの花が咲き始めていたので、撮ってみました。

Xp7092291 Xp7092309

この場所では、やっと咲き始めた感じでした。

Xp7092296 Xp7092305

葉裏を見ると、アサギマダラの幼虫が集っていました。観察をしようと思い、一匹連れて帰りました。

Xp7092292

咲き始めなのでまだ分かりませんが、このように花冠(黄緑色の部分)が反曲していなければ、変種のタンザワイケマだそうです。ただ、タンザワイケマの別の特徴として「退化した托葉」が記されていますが、この個体には見当たりませんでした。イケマよりやや小型のコイケマも、花冠の裂片が反り返らず斜上するとあります。

一匹だけ連れ帰ったつもりでしたが、餌用に採取した葉にもう一匹集っていました。でも、飼育籠の中を見ると、一匹しか見当たりませんcoldsweats02

Xp7120004 Xp7120007

右のようなものが見つかりました。「共食いしたのだろうか?」

ところが・・。

Xp7120002

一匹は、蛹になっていました!

まさか、こんなに早く蛹になるとは・・。観察したかったのですが、仕方ありません。

Xp2110566

こちらは、春先の伊豆半島で、キジョランの葉裏に集っていた幼虫です。背の模様が少し違います。地域変異があるのででしょうか?

X601_2

二匹とも、無事羽化して飛び立ってほしいと願っています。

餌の葉を切らさないようにしなくては!

« ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) | トップページ | タカネグンナイフウロ・お願い »

植物観察」カテゴリの記事

蝶と蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/66932806

この記事へのトラックバック一覧です: イケマとアサギマダラの幼虫:

« ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) | トップページ | タカネグンナイフウロ・お願い »