2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 丸火自然公園の植物(7月) | トップページ | ヒナノシャクジョウと変形菌 »

2018年7月22日 (日)

ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ)

比較的身近なところで見る事の出来るツレサギソウ属・・ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ)を観察してみました。

Ximg_6811 Ximg_6816 Ximg_6864

この野生ランは、出会う個体数が多いにもかかわらず、無事花を見る事の少ない野生ランだと思います。左の株は、この状態で40cmほどありました。根元はロウタケらしき菌に侵食され、先端部は腐り始めていました。それ以外にも、シカの食害にも遭ったりします。

でも、今年は花を付けた個体を沢山見る事が出来ました。

Xp7200286 Xp7200273

スギやヒノキの林床から落葉広葉樹林まで、彼方此方で見る事が出来ます。「茎は翼状になる稜が目立つ」とあります。かなりはっきりした稜です。

Px7200276 Xp7200278

トンボと言うより、足の生えたオタマジャクシに似ています。「側萼片は背萼片と共に兜状になる」・・分かり難い解説も、少しずつ理解出来るようになって来ました。

Xp7200284 Xp7200283

ちょっと反則技を使って、表情を撮らせてもらいました。花の寿命はそれほど長くないようで、白い葯は直ぐに褐色になってしまいます。

Xp7200267

葯が目のようですね。頬かむりをしたひょっとこ小父さんかな?亜高山帯に咲く、キソチドリとホソバキソチドリは、この葯の間隔も見分けるポイントだそうです。

ラン科ツレサギソウ属ノヤマトンボ(Platanthera minor (Miq.) Rchb.f.)。

※今迄、オオバノトンボソウを標準和名として使っていましたが、米倉先生の「日本維管束植物目録」、大場先生の「植物分類表」で、ノヤマトンボが標準和名として扱われていますので、それに従いました。

ついでに・・。

Bp7071735 Bp7071736

今年は、いろいろな花が早いと聞きます。でも、例年と変わらない時期に咲く花もありますので、撮影のタイミングを計る人はさぞご苦労されていると思います。

そして、予想を更に上回るフライングをするヤツもいます。このキツリフネは、7月7日に撮影しました。早いでしょ?

« 丸火自然公園の植物(7月) | トップページ | ヒナノシャクジョウと変形菌 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ):

« 丸火自然公園の植物(7月) | トップページ | ヒナノシャクジョウと変形菌 »