2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アサギマダラの変化 | トップページ | トサノクロムヨウランと不明な植物 »

2018年7月16日 (月)

オニク開花

ミヤマハンノキなどの根に寄生する、葉緑素を持たない植物・・オニクの花を見て来ました。

Ap7091867 Ap7091868b

丈は個体毎に様々で、こちらは小さい方でした。オシベの様子からすると、まだ咲き始めのようです。

Ap7091877 Ap7091871

左は昨年のドライフラワーの後ろに、今年のオニクが見えています。中には、一昨年のものと思われるようなドライフラワーもありました。長持ちするんですね。

Ap7091879 Ap7091878b

4本に見えますが、良く見ると左の小さなオニクの後ろに、更に小さなオニクが見えています。個体毎に出現にも時差があるようです。

Ap7091889 Ap7091890

花を接写ズームしてみました。

Ap7091891

もう少しズーム・・。オシベが4本見えています。「花冠は上唇と下唇に分かれ、下唇は更に3裂する。」・・下唇は浅く3裂ですね。

オニクは、地上に姿を現して花を咲かせると枯れるため、一年草と書かれたWeb図鑑などがありますが、地中で数年養分を蓄えてから花を咲かせる多年草(一回結実性)だそうです。強壮・強精効果があるそうで、高値で売れるため根こそぎ採取されてしまい、富士山では極稀にしか出会えません。

ハマウツボ科オニク属オニク(Boschniakia rossica (Cham. et Schltdl.) B.Fedtsch.)。

« アサギマダラの変化 | トップページ | トサノクロムヨウランと不明な植物 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、今日は。

こちらでも、動くたびに「暑い!」を繰り返しています。
草取りなどをすると、衣類が重たいくらい汗だくになります。

オニクの名前を初めて聞いた時、キノコ採りの人たちの通り名だと思っていました。
ところが、これが標準和名だそうです。
表現の難しい独特の臭いがします。
マタタビのように猫が好むそうですが・・。
乾燥したものが小さな瓶に詰められて、数千円で売られていました。
初めてこの場所を見付けた時、「?十万円だ!」なんて考えてしまいました。

おはようございます。

「暑いですね~」しか言葉が出てこない・・・最近の暑さ
そちらも同じでしょうか?

オニク・・・なんとも、まあ・・・不思議で、奇妙な植物なんでしょう
名前も姿も・・・何だかなまめかしい?感じ
一度は実物を見てみたい・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オニク開花:

« アサギマダラの変化 | トップページ | トサノクロムヨウランと不明な植物 »