2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ベニシュスラン | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシラン »

2018年7月26日 (木)

ナツエビネとエビネ

土日は、台風が来そうなので、今日も屋外作業を頑張りました。2~3日前の暑さに比べると、少しだけ楽な感じでしたが、衣類は汗で重たいくらいになっていました。

今日の記事は、近いエリアで見付けたナツエビネとエビネです。

【ナツエビネ】

Aimg_6894 Aimg_6906

この株には、2本の蕾が上がっていました。別の一株は、蕾が見当たりません。見た目は元気そうでしたが・・。

Ap7230570 Ap7230568n

蕾を接写してみました。昨年はかなり傷んでいましたが、今年はまだ無事なようです。このまま傷むことなく、綺麗な花を咲かせてほしいと願っています。

Ap7230574

少し色付き始めた蕾があります。花は下から咲きます。

Aap8181866 Aap8181904

昨年撮った花を掲載します。反り返った萼片や側花弁が、この花を誇らしげな表情にしていると思います。エビネと違い距がありません。

ラン科エビネ属ナツエビネ(Calanthe puberula Lindl.  var. reflexa (Maxim.) M.Hiroe)。

【エビネ】

Aimg_6910 Aimg_6913n

ナツエビネから、そう遠くない場所に生えていました。山野を歩いていると、エビネは少しずつ復活していると思います。

Aap5102087

こちらはエビネの花です。ナツエビネには無い距が、左上に写っています。

ラン科エビネ属エビネ(Calanthe discolor Lindl.)。

学名を調べて見ると、母種の他にいろいろな品種(forma)が列記されています。我が家の近くでは、写真のような褐色の萼片や側花弁を持つ花と緑色のものがあり、唇弁の色も様々です。また、葉幅も個体によりかなり違いがあります。細かい変異の多い野生ランだと思います。

自生では考えられないような色の花が作出され、比較的安価で販売されていますので、もう盗掘の心配も無いだろうと思っていたら、まだ採取していく輩がいます。少し復活してきたとはいえ、安易な情報提供は控えるべきだと改めて思いました。

« ベニシュスラン | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシラン »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナツエビネとエビネ:

« ベニシュスラン | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシラン »