2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« キノコ(7月上旬②) | トップページ | オニク開花 »

2018年7月15日 (日)

アサギマダラの変化

7月12日に、アサギマダラの幼虫などをアップしましたが、その後の様子を掲載します。

【7月13日】

Ap7130029 Ap7130018

蛹になった方は、中央下辺りにブルーに光る(反射する?)ものが目立っています。天敵対策でしょうか?

そして、もう一匹の幼虫は餌を食べなくなり、虫篭の上隅にぶら下がっています。時々腹筋運動をするように、まっすぐなったり、写真のように上に丸まったりしていました。蛹になるのが近いのだと思います。ストレスを与えないように、虫篭に触れるのを控える事にしました。

【7月14日】

この日は、特に変化が見られませんでした。

【7月15日】

Ap7150053 Ap7150054

最初に蛹になった方は、黄緑色から薄い褐色に変化していました。

そして、もう一匹も幼虫の皮を脱ぎ捨て、蛹になっていました。側面を良く見ると翅のようなものが見えています。

Ap7150050 Ap7150039

上段左の写真で気付かれたと思いますが、蛹から餌の葉に向かって糸が張られています。出来るだけ風通しの良いようにと思い、虫篭をぶら下げてありました。蛹が揺れるために、触れ止めを張ったようです。

ところで、二匹の蛹を比べてみると、目のような部分の位置が違います。これは、先の蛹を先日アップしたものと比べてみても変わりませんから、蛹になる段階で決まるようです。

羽化の日が待ち遠しい!

« キノコ(7月上旬②) | トップページ | オニク開花 »

蝶と蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサギマダラの変化:

« キノコ(7月上旬②) | トップページ | オニク開花 »