2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ) | トップページ | ヒメノヤガラとムラサキニガナ »

2018年7月23日 (月)

ヒナノシャクジョウと変形菌

今日も暑い!萌の早朝散歩だけで、衣類が汗だくです。洗濯係にゴマをすらないと大変です

ヒナノシャクジョウが、姿を現す頃だと思い様子見に行って来ました。

【ヒナノシャクジョウ】

Ap7230641 Ap7230580

ありました!とても小さな植物ですが、暗色の林床に白い姿が目立っていました。

この植物は、光合成を行わず菌類から養分をもらって育つ、菌従属栄養植物(腐生植物)です。しかもその菌類は、光合成をする植物から養分をもらっているそうで、これを三者共生というそうです。

Ap7230519 Ap7230518

花は一つずつ順番に咲きます(稀に、二つ咲く事もあります)。先端が褐色になっているものは開花後の姿で、少し黄色味を帯びているのが次に咲く蕾です。

Ap7230498 Ap7230637

こちらは、咲いていました!

Ap7230503 Ap7230523

花の数は、2~10とあります。

右が開花した状態ですが、少し時期を逸するとこの状態を見逃してしまいます。

Ap7230606 Ap7230610

こちらは、5番目の花でしょうか?

ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属ヒナノシャクジョウ(Burmannia championii Thwaites)。

この植物と共生菌を共有し、高確率で同居するホンゴウソウは、もう少し後で出現すると思います。また後日、見に行こうと思っています。

ハルザキヤツシロランの実生~開花実験が成功したら、この植物の実生実験にも挑戦してみたいと思っています。師匠には、まだまだ元気で長生きして頂かなければなりません。

【変形菌】

Ap7230632 Ap7230625

キノコかと思って良く見ると、ツノホコリ属の変形菌らしい・・。

Ap7230631

藪蚊に気をとられ、焦りながら撮ったためピンボケになってしまいました。サンゴの塊のような姿から、タマツノホコリではないかと思いますが、如何でしょう?

昨年、このエリアでナツエビネとナギランを見付けました。そしてこの日は、ヒメノヤガラを見付けました。幾度か足を運んでいる場所でも、見逃している希少植物がまだまだ潜んでいるものです。何よりも嬉しいのは、地元の山野で出会えた事です。

« ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ) | トップページ | ヒメノヤガラとムラサキニガナ »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒナノシャクジョウと変形菌:

« ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ) | トップページ | ヒメノヤガラとムラサキニガナ »