他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ホザキイチヨウラン | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) »

ギボウシラン

今日は、天気が良いはずだったのに、萌の朝散歩はレインコート着用でした。

ギボウシラン・・この野生ランがあるらしいとの情報を、昨年教えて頂きました。その時は、花期も終わる頃でしたので、今年出会えるのを楽しみにしていました。そして、時々小雨の降る林内を探し回ると・・。

G1 G2

「いました!」丁度花が咲いています。

G3 G4

和名の通り、ギボウシの葉に似ていますね。以前、葉幅のあるコクランの葉を見て、もしやギボウシラン?なんて思った事があります。でも、こうして実際に葉を見ると、その違いに気がつきます。

右は、偽鱗茎(養分を溜めるところ)を撮ってみました。クモキリソウと似ていますね。

G5_2 G6

薄暗いので、LEDフラッシュを使って撮りました。暗っぽい写真ばかりで恐縮です。

G7 G8

この花は、クモキリソウのように、唇弁が裏側に反り返らず平開しています。

G9 G11

横顔。クモキリソウやジガバチソウのように、背萼片が蕊柱の上に被っていないで、後ろに反り返ったようになっています。

ラン科クモキリソウ属ギボウシラン(Liparis auriculata Blume ex Miq.)。以前は、この学名がクモキリソウにあてられていたそうです。

植物の分布とは不思議なものです。「まさかこんな所に?」と思えるような、意外な場所で希少種と出会う事が多々あります。特定の菌類の助けが無いと発芽出来ない、ラン科植物に関しては尚更です。この場所には、ある程度まとまった数が生えていました。種子が飛散して、更に自生地を広げてほしいと願っています。

« ホザキイチヨウラン | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/66928637

この記事へのトラックバック一覧です: ギボウシラン:

« ホザキイチヨウラン | トップページ | ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬) »