他のブログ・HP

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 最近出会ったヤツシロラン類とムヨウラン類 | トップページ | ベニバナギンリョウソウ »

隣県で気になった植物

元職時代の方が、隣県を訪れる機会が多かったように思います。休日出勤や時間外労働の多い因果な仕事だったため、休める時は雨でも出かけて行きました。時間がとれるようになると、何時でも行けるという安心感から、動きが鈍くなりましたcoldsweats01

隣県某所・・この場所には、久々に訪れました。

Xp6051335 Xp6051332 Xp6051345

マイヅルソウ?・・良く見ると、茎や葉柄、葉裏などに毛が生えています。

Xp6051339

富士山南面で、一般的に見られるマイヅルソウには、毛が生えておりません。このように、毛の生える品種をヒメマイヅルソウと呼ぶそうです。ただ、この場所では毛の生えていない個体と混在していましたので、交雑しているのかもしれません。

キジカクシ科マイヅルソウ属ヒメマイヅルソウ(Maianthemum bifolium (L.) F.W.Schmidt)。旧体系では、ユリ科に分類されていました。

Xp6051362 Xp6051364

ツマトリソウも少しだけ咲いていました。以前は、歩道からも見えるくらい沢山咲いていた記憶があります。株数は多く見受けられましたが、開花株が少ない・・刈り取られた影響かも?

サクラソウ科ツマトリソウ属ツマトリソウ(Trientalis europaea L.)。

Xp6051253 Xp6051274

隣県では、ミヤマウズラも彼方此方の林内で見る事が出来ます(静岡県に比べて豊富だと思います)。面白い果実をつけているのは、バイカオウレンです。

そして・・。

Xp6051275 Xp6051293

少し前の記事とは違う自生地のコアツモリソウです。

Xp6051287 Xp6051284

初めてコアツモリを見たのは、この周辺でした。最初見た時に比べて、個体数がかなり減ったと思います。コアツモリは、群生する場合が多いのですが、その数が変動しやすい植物のように思います。

Xp6051304 Xp6051295

子房の膨らみ始めたイチヨウランがありました。果実が直立して、種子を飛散する頃出会いたいと思っています。

Xp6051239 Xp6051243 Xp6051245

とっても小さな野生ラン・・コフタバランです。左の暗い写真は、ズームしないでストロボを使うと白飛びが激しいので、無しで撮ってみました。コフタバランは、このように緑系の花と赤紫を帯びたものがあります。ミヤマフタバランも同様です。

ラン科サカネラン属コフタバラン(Neottia cordata (L.) Rich.)。旧体系では、フタバラン属とされていました。

Xp6051346 Xp6051321

同じ林内に生えるギンリョウソウも、その姿は様々です。右は鱗片葉が発達していて別種のようでしょ?

今日は、不法投棄監視パトロールの報告書を作成して、メールで送りました。報告書、地図、アルバムを作成するので、割と面倒です。でも、電子データーで送るようになってから、郵送期間が短縮されるので助かります。

« 最近出会ったヤツシロラン類とムヨウラン類 | トップページ | ベニバナギンリョウソウ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/66804396

この記事へのトラックバック一覧です: 隣県で気になった植物:

« 最近出会ったヤツシロラン類とムヨウラン類 | トップページ | ベニバナギンリョウソウ »