2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ホテイアツモリソウ | トップページ | ヒトツバショウマ »

2018年6月19日 (火)

ヒメムヨウラン

今日は、雨予報だったけど比較的良い天気でした。タマネギの仮干しに丁度良かった・・。

梅雨時になると、亜高山帯の針葉樹林にヒメムヨウランが姿を現します。

Ap6190224 Ap6190223 Ap6190228

コケの中などに生え、とても小さな花を咲かせます。右は昨年の果実のドライフラワーです。比較的結実率は良いように思います。

Ap6190260

花を接写してみました。ヒメムヨウランは、唇弁が上に付いています。変わり者ですね。

Ap6190239 Ap6190241

軸(茎)色や花色も様々です。

Ap6190262

横顔。花は横向きで咲きますが、受粉後子房の膨らみと共に上を向きます。

Ap6190254 Ap6190255

変なものが見えたと思ったら、枯葉を破って伸びていました。かわすよりも突き抜ける方を選ぶなんて、気の強い奴だ!

Ap6190245 Ap6190243

こちらは色の濃いタイプです。

Ap6190246

接写。あっ、花粉塊が無かった・・。

Ap6190250 Ap6190251

花粉塊の付いたものを撮ってみました。

Ph_dsc05111

6年前、こんな個体に出会いました。毎年探しているのですが、あれ以来出会った事がありません。Webには、全体が白い個体もアップされています。こういう変異を探し歩くのも楽しいものです。

ラン科サカネラン属ヒメムヨウラン(Neottia acuminata Schltr.)。ムヨウランの名前が付きますが、ムヨウランはムヨウラン属(Lecanorchis)に分類されています。紛らわしいですね。

« ホテイアツモリソウ | トップページ | ヒトツバショウマ »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメムヨウラン:

« ホテイアツモリソウ | トップページ | ヒトツバショウマ »