他のブログ・HP

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 変形菌と不明の植物 | トップページ | ササユリとヒメユリ »

不法投棄監視パトロールで出会った植物

年数回、ゲートで閉鎖された許可車両以外通行禁止の林道パトロールを実施しています。今日の記事は、その林道沿いで出会った植物を集めてみました。

Ap6041185

サワギクが咲いていました。薄暗い林内で、黄色い花がとても目立っていました。暗いところの似合う花だと思います。

キク科サワギク属サワギク(Nemosenecio nikoensis (Miq.) B.Nord.)。

Ap6041183 Ap6041044

ヤマジオウが生えていました。この付近の林内では、群生している所が彼方此方で見受けられます。

シソ科オドリコソウ属ヤマジオウ(Lamium humile (Miq.) Maxim.)。

右は、ヤクシマヒメアリドオシランだと思います。花芽らしきものが見えています。現在、自生エリアを調査中です。

ラン科ハクウンラン属ヤクシマヒメアリドオシラン(Kuhlhasseltia yakushimensis (Yamam.) Ormerod)。

Ap6041040 Ap6041033

双方、オオバノトンボソウ(ノヤマトンボ)です。右は、下の葉が丸みを帯びていて、キソチドリを思わせます。オオバノトンボソウは、花茎の上部が虫による食害なのか、開花前に枯れてしまう事の多い野生ランです。

ラン科ツレサギソウ属オオバノトンボソウ(Platanthera minor (Miq.) Rchb.f.)。Ylist標準和名は、ノヤマトンボとなっています。

Ap6041086 Ap6041088

ミヤマウズラも、林道脇に生えていました。

ラン科シュスラン属ミヤマウズラ(Goodyera schlechtendaliana Rchb.f.)。

Ap6041073

これはウメガサソウの蕾です。この辺りでは、同じくツツジ科のイチヤクソウと共に所々で見る事が出来ます。

ツツジ科ウメガサソウ属ウメガサソウ(Chimaphila japonica Miq.)。

Ap6041094 Ap6041106 Ap6041095

こちらは、クモキリソウだと思います。周辺にかなりな個体数が確認出来ました。クモキリソウ属の中では、比較的数を見る事の出来る野生ランですが、最近では稀な存在になりつつあります。

ラン科クモキリソウ属クモキリソウ(Liparis kumokiri F.Maek.)。

Ap6041085 Ap6041084

まだ蕾の株もありましたが、コアジサイが咲き始めていました。この植物は花柄の色も綺麗ですね。

アジサイ科アジサイ属コアジサイ(Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc.)。

Ap6041074 Ap6041075

オカタツナミソウの花も、少しだけ見る事が出来ました。薄紫の花を気に入っています。この林道沿いでの、本格的な花の時期はもう少し先になると思います。同じような写真ですが、少しだけ角度を変えて撮ってみました。

シソ科タツナミソウ属オカタツナミソウ(Scutellaria brachyspica Nakai et H.Hara)。私は、まだ出会った事はありませんが、白花品種もあるそうです。

Ap6041166

サルナシの蕾が、沢山ぶら下がっていました。この林道では、マタタビよりもサルナシの方が多く見受けられました。

マタタビ科マタタビ属サルナシ(Actinidia arguta (Siebold et Zucc.) Planch. ex Miq.)。

この日は、当初予定していたルートが工事中で通行止めでしたので、別のルートをパトロールしました。林道にゲートを設けられると、一般の人は徒歩で探索するしかありませんが、そのお陰で、ポイ捨てや産業廃棄物の不法投棄が殆ど無くなり、連れ去られる植物が減るのも事実です。ゲートの設置は、仕方ないと思っています。

« 変形菌と不明の植物 | トップページ | ササユリとヒメユリ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/66815584

この記事へのトラックバック一覧です: 不法投棄監視パトロールで出会った植物:

« 変形菌と不明の植物 | トップページ | ササユリとヒメユリ »