2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« カヤラン | トップページ | ギンランとササバギンラン »

2018年5月 3日 (木)

キンラン

現役時代は、二足の草鞋の仕事関係もあって宵っ張りでしたが、最近は早寝早起きの生活に変わりました。しかも歳のせいで薄暗い内に目が覚めてしまいます。と言う訳で、本日分は朝のアップです。

キンランは、エビネと並び比較的身近で見る事の出来る野生ランでした。私が幼い頃は、花を摘んで持ち帰れるくらい沢山生えていました。ところが、最近ではどちらも絶滅危惧種に指定されていて、簡単に出会える植物ではなくなりました。

園芸採取や自生地の環境の変化により、減少したものだと思われます。特に前者の影響が大きいと思っています。しかも、根こそぎ採取していく輩もいます。

Xmp4301421 Xp4291314

左は落葉広葉樹林内、右はかなり暗い常緑広葉樹林内に生えていました。暗い場所で、黄金色の花が目立っていました。

Xmp4301419 Xmp4301416

左の花を接写してみました。一輪だけ開いていました!

そして、また別の林内で・・。

Xp5021561 Xp5021560

こちらは開いている花が多い・・。

Xp5021554 Xp5021564

綺麗でしょ?花弁や萼片が白っぽくなっていますが、開花から時間が経つとこのようになって来ます。稀に、蕾の時から白っぽい(薄クリーム色の)花もあります。シロバナキンランという品種(forma)だそうです。

Xp5021552

唇弁の隆起が凄いですね。「花は全開せず、半開き状態のまま」です。

Xp5021591

こちらの花は、蕊柱(葯帽)の下に何かついています。

ところで・・。

Xp5021594 Xp5021635

左は、エンドウ豆の葉の天敵が浸入したのかな?右は、別の場所で撮った花です。ここの花は、どれもこのように齧られていました。キンランの敵は、悪い小父さんだけではないようです。

ラン科植物は、光合成を行っていても菌への依存度が大きいそうです。中でも、キンランは、朽木や落葉などを食べて生きる腐生菌ではなく、コナラなどの樹木の根と菌との共生体(外生菌根)から養分をもらっているそうです。そいう特殊な生き方をしている植物なので、普通に栽培する事は出来ません!(※)

ラン科キンラン属キンラン(Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume)。

※素人の理解です。表現が間違っていたら教えてください。

« カヤラン | トップページ | ギンランとササバギンラン »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンラン:

« カヤラン | トップページ | ギンランとササバギンラン »