2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タケシマランとナベワリ | トップページ | クマガイソウ »

2018年4月28日 (土)

イチヨウランに挨拶

亜高山帯の針葉樹林に生えるイチヨウランに、会いに行って来ました。

Bimg_4769 Bimg_4715

苔むす針葉樹林帯は、いつ行っても良いものです(真冬は行けませんが)。バイケイソウも、こんなに伸びていました。季節の移ろいの速さに驚かされます。

さて・・。

Bimg_4739 Bp4271000

イチヨウランも、花芽が伸びていました。

Bp4271009 Bp4270983

こちらでも・・。

Bimg_4761 Bimg_4764

何時もの場所から、少し離れたエリアでも発見!

横に回ると・・。

Bp4271036z

2株かと思たら、3株でした。左は花弁が姿を現しています。この後、蕾が横を向いたら開花間近となります。

花の時期に拘る方が多いですが、私はこの季節から晩秋まで幾度か通っています。季節を通じて、植物の成長を観察するのも楽しいものです。

◇amateurの考察

イチヨウランは、通常秋に葉の更新があり、開花株は花芽を持って冬越しします。

何年か同じエリアを観察して来て気付いたのですが、姿を現す位置が年々変わって来ます。最初の頃は、悪い小父さんに連れ去られたのかと思っていました。でも、この肉厚の葉はシカの好みのようで、食害に遭ったと思われる個体を幾つも見て来ました。それで、昨年見た場所から姿を消すのかもしれませんが、またその場所に姿を現す事があります。

思うに、葉のない状態(根茎だけ)で地中の菌糸類から養分を補給して、生き続けている個体もあるようです。また、実生発芽から開花まで、あまり長い年月を必要としないのではないかと思います。ウチョウランなどのように3年くらいで花を咲かせるのかもしれません。

それは、深山に生えるコハクランなども同じだと思います。ある方から「花を咲かせると枯れる」というような話を聞いた事があります。でも、私は枯れるのではなく休眠するのだと思っています。初めて出会った果実をつけた個体は、翌年姿を現しませんでした。ところが、3年後同じ場所でまた姿を見る事が出来ました。それと、昨年の果実のドライフラワーをつけた個体が、花芽を伸ばしていたのを見た事があります。こちらも、姿を現す位置が年々変化しています。

亜高山帯の針葉樹林に生える一枚葉の野生ランは、とても興味深い生き方をしているようです。

ラン科イチヨウラン属イチヨウラン(Dactylostalix ringens Rchb.f.)。

同じ林内で・・。

Bimg_4777

日当りの良いところでは、ミヤマスミレの花が咲き始めていました。

今日は、用事がありますので、ブログ記事を朝作成しました。

« タケシマランとナベワリ | トップページ | クマガイソウ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチヨウランに挨拶:

« タケシマランとナベワリ | トップページ | クマガイソウ »