2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« カンアオイ属 | トップページ | 最近出会ったスミレ① »

2018年4月12日 (木)

ヒメフタバラン(富士市)

富士市に自生する野生ランで、シュンランの次に咲くのはヒメフタバランです。そろそろ咲き始める頃だと思い、様子見に行って来ました。

Aimg_4062

木漏れ日の林内を進むと・・。

Ap4120804 Ap4120799

小さな双葉が点在していました。無事で良かった!

Ap4120787 Ap4120788

開花株が見つかりましたが、まだ蕾でした。少し早かったか・・。

Ap4120808 Ap4120847

こちらも・・。

あっ、一輪だけ咲いていた!古代の壁画に出て来る宇宙人(?)のような形です。

Ap4120848 Ap4120849

横と斜め後ろから・・。

一坪にも満たない極狭い範囲にだけ生えています。何処かに本家があるだろうと彼方此方探しましたが、まだ見つかっておりません。私は、富士市ではこの場所でしか確認しておりません。偶然出会わせてくれた山の神様に感謝です。

Ap4120816

未開花株と開花株の葉は、かなり違っています。二段目の葉と比べてみてください。

この小さな野生ランは、豪雨によって流れ来たスギやヒノキの葉、土砂などにより埋もれてしまう恐れもあります。保険を掛けた方が良いのだろうか?

ラン科サカネラン属ヒメフタバラン(Neottia japonica (Blume) Szlach./synonym:Listera japonica Blume)。フタバランの仲間は、フタバラン属(Listera)からサカネラン属(Neottia)に改められました。

« カンアオイ属 | トップページ | 最近出会ったスミレ① »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフタバラン(富士市):

« カンアオイ属 | トップページ | 最近出会ったスミレ① »