2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 三保の植物観察 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(3月)① »

2018年3月26日 (月)

再生休耕畑①(3月下旬)

いよいよ雑草との戦いが始まりました。草刈り機での笹刈も大変ですが、草取りや鍬での耕作も大変です。

「耕運機でやれば楽だよ」なんて言われますが、耕運機は万能ではありません。いろいろ植えてあると、耕運機の役立つ場所は限られます。仕方ないので万能の鍬に頼ります。これが軟弱な私にはとても重労働です。今日も彼方此方痛い!

Ap3261711 Ap3261714

例年より成長が遅いと思っていたタマネギも、何とか育っています。右は早生品種です。大きくなったでしょ?

Ap3261715 Ap3261713

左はニンニク・・今のところ順調そうです。右はワケネギ(混同されるワケギは、ネギとタマネギの交雑種)です。この他にネギ属として、ネギ(ネブカ)、ラッキョウ、ニラ、ギョウジャニンニクを植えてあります。

Ap3261708 Ap3261699

左が、ギョウジャニンニクです。昨年、野猿に悪戯されましたが、何とか生き延び10株ほど生えています。

ヒガンバナ科ネギ属ギョウジャニンニク(Allium victorialis L.  subsp. platyphyllum Hultén)。ギョウジャニンニクの学名は、他にもいろいろあります。ところで、ネギ属は、旧分類体系ではユリ科とされていましたが、APG分類体系では、ヒガンバナ科とされています。

右は「アキタブキ」というラベルがついたものを買って来ました。でも、葉が小さいような気がします。父親が育てていたものは、私の背丈くらいになったような記憶があります。これから大きくなるのだろうか?

Ap3261702 Ap3261717

左は、山菜エリアの期待の星・・ウドです。実生の苗も一年でかなり大きくなることを知りました。

右のソラマメの花は、赤い豆の品種です。珍しい品種を見付けるとすぐに手を出してしまいます。

Ap3261718 Ap3261727

ソラマメの変わり者三兄弟です。赤マメ、長マメ、太マメです。収穫が楽しみです。

果樹野菜畑では、タチツボスミレも除去対象植物です。

「今日は、ビールで水分補給しなければ!」と言ったら「お水を沢山飲めば?」と返されてしまいました。借りてきた猫は、いろいろ大変です。

« 三保の植物観察 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(3月)① »

植物観察」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再生休耕畑①(3月下旬):

« 三保の植物観察 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(3月)① »