他のブログ・HP

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 海辺の植物(下田市) | トップページ | 御殿山 »

ワーディアンケース内の春

庫内にあるワーディアンケースを覗いて見ると、ランの蕾が大きくなっていたので撮ってみました。

Ap2220834

プテロスティリス・ヌタンス・アルバ(Pterostylis nutans var. alba)・・期待の星です。例年、2月下旬には咲いていましたから、今年は少し遅れ気味かな?

Ap2220854 Ap2220851

セロジネ(Coelogyn)・・品種名は分かりません。メタボのような偽球茎(バルブ)の基部から蕾が伸びています。

Ap2220849

こちらは一番長い蕾です。昨年の管理が良かったのか、今年は沢山の蕾が見えていました。

Ap2220866

マキシラリア(Maxillaria)・・シュンランに似た花を咲かせます。こちらは偽球茎がシワシワですね。セロジネより寒さに弱いようなので、冬はより乾燥気味にしています。

Ap2220872z

パフィオペディラム (Paphiopedilum)・・義母の家のパフィオは、加温もしていないのに枯れもせず、とっくに開花していました。

Ap2220858

ナゴラン(Phalaenopsis japonica)・・昨年、東京ドームの世界らん展で買って来ました。このランの香りが好きです。

Ap2220881

コチョウラン/ファレノプシス(Phalaenopsis aphrodite)・・我が家のワーディアンケースは、理由があって設定温度が少し低めなので、ちょっと心配です。ナゴランとコチョウランは同じ属に分類されているんですね。

どれも、初心者向きと言われているランばかりですが、私にはこれらでも難しい事ばかりです。ちゃんと栽培の勉強をしなければ・・。

ワーディアンケースの中の植物達も、春を告げています。待ち遠しい季節も、あと少しの辛抱です。

« 海辺の植物(下田市) | トップページ | 御殿山 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
山間の地なので、ワーディアンケースが無いと洋ランは育てられません。
それでもコチョウランなどは、もっと設定温度を上げないとダメなようです。
ヤツシロラン類の実生実験と併用しているので、あまり高く出来ません。
ヌタンスの花は、透明感があって良いですね。
開花が楽しみです。

こんばんは。
やまぶどうさん宅には ワーディアンケースが有って蘭たちも幸せですね!
春が近づいていて花を咲かせる準備が整いつつある花たち。

 我が家のヌタンスを見てみたら 蕾らしき物が2個
  昨年咲かせられなかったので、今年は是非花を見たいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/66421894

この記事へのトラックバック一覧です: ワーディアンケース内の春:

« 海辺の植物(下田市) | トップページ | 御殿山 »