2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« メジロとヒヨドリ | トップページ | キジョランとアサギマダラの幼虫 »

2018年2月10日 (土)

季節だより観察会(2月)①

今日は、月一回の「季節だより観察会」でした。場所は、岩本山公園・・私は近くまで行った事はありましたが、園内に入ったのは初めてでした。

Ap2100417

今回も、熱心な方たちが大勢集まりました。まずは地衣類の観察から・・。

Ap2100413 Ap2100416

この黄色い地衣類は、ロウソクゴケの仲間だそうです。地衣類でもコケ・・。

Ap2100415

昔、ヨーロッパで黄色のロウソクを作る原料(染色用)とされたことから名付けられたそうです。

Ap2100436 Ap2100437

同じように見える地衣類も近づいて観察すると、色や地衣体の形が違っています。右はマツゲゴケでしょうか?

◇少し勉強◇

ロウソクゴケやウメノキゴケのように、地衣体が扁平で分裂して広がり、多くの裂片をもつものは生育形状により、葉状地衣に分類されるそうです。また、葉状地衣の縁にあるまつげのようなものをシリアと呼ぶそうです。

Ap2100450

この裂片の先端にある頭状のものは何だろう?調べてみると、粉芽(地衣類にみられる無性生殖体の一つ)の塊でソラリアというそうです。

地衣類は知らない事ばかりで、残り少ない記憶素子が飽和状態になりそうです

Ap2100443 Ap2100440

左は、とても小さな蒴(胞子嚢)を付けたサヤゴケです。右は、ヤスデゴケの仲間かと思ったらウロコゴケの仲間のようです。Web図鑑を見ても似たものばかりで全然分かりません

ちょっとだけキノコ観察・・。

Ap2100476 Ap2100473

左の黒い粒は、クロコブタケだそうです。シイタケの榾木に出たものと似ています。右は?

日本には、4~5千種以上のきのこがあると考えられているそうです。その内、既知種は約2,500種との事ですから、研究者の方々には頑張っていただかないと・・。素人には、地衣類、苔類、菌類何れもとても難しい分野です。

« メジロとヒヨドリ | トップページ | キジョランとアサギマダラの幼虫 »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
私もニワトリの足に似ていると思います。
苔は似たものが多くて難しいです。
少しだけでも覚えられればいいのですが・・。

岩本山のウメは、今年少し遅れているようですね。
河津桜も開花が遅れているようです。
昨年もそうでしたが、今年もみんな遅れるのかも?

岩本山公園には何度か行っていますが
高い所の梅ばかり見て足元はスル―
やはり観察は必要ですね
ウロコゴケ
にわとりのあしかと
乏しい観察力

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節だより観察会(2月)①:

« メジロとヒヨドリ | トップページ | キジョランとアサギマダラの幼虫 »