2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヤマガラ | トップページ | 盆栽に着生したクモランのルーツ »

2018年1月31日 (水)

森林探索

スギ・ヒノキの林を探索して来ました。

Aimg_1744 Aimg_1761

ここは、初めて入るエリアです。古墳のような小山が幾つかありました。

Ap1310189 Ap1310195

薄暗い林の中で、ミツマタのシルクのような蕾が目立っていました。

Ap1310211 Ap1310214

ドライフラワーです。左は野生ランの果実・・ジガバチソウかクモキリソウだと思います。

右はキッコウハグマです。冠毛のついた種子が飛散したものもありました。

Ap1310208 Ap1310183

野生ランのバルブと、右は何でしょう?マツカゼソウのドライフラワーです。全体像も撮りましたが、白飛びしてしまいました

Ap1310201 Ap1310203

このドライフラワーは、キンポウゲ科の果実のようです。花柄が見えますから、イヌショウマではなくサラシナショウマかな?

Aimg_1769 Aimg_1767

所々にミヤマシキミも生えていました。右はカンアオイの仲間です。この一角にだけ、沢山生えていました。斑が綺麗ですね。カントウカンアオイかオトメアオイか・・。

Ap1310240 Ap1310243

花が咲いていました。この季節に咲くとすれば、カントウカンアオイですが、良く似たオトメアオイも春まで花が残るそうですから、花の有無では区別が難しいようです。

この花は花筒上部にくびれがありませんから、カントウカンアオイだと思います。

Ap1310227

スギの葉が落ちていました。先端に何かついています。

Ap1310220 Ap1310221

こちらは、雌花の(蕾)ようです。この状態で見たのは初めてかも?

Ap1310224 Ap1310226

左は雄花・・スギ花粉の塊です。右は歳をとった雌花・・スギの球果です。そういえば、ヤツシロラン類の実生床に使うスギの球果も、補充用に拾い集めなくては・・。

足元を見ると・・。

Ap1310236 Ap1310239

これは、ヤクシマヒメアリドオシランかハクウンランの葉に似ています。ツルリンドウの苗も似た葉をしていますが・・。

茎を確認しようと摘まんだところ、簡単に抜けてしまいました。根が無い・・ツルリンドウではないようです。ハクウンランの結実していない株は、この季節に地上部が姿を消すと思いますので、ヤクシマヒメアリドオシランかな?いずれにしても、この場所では初見です。

スギやヒノキの林を探索するのも楽しいものです。

« ヤマガラ | トップページ | 盆栽に着生したクモランのルーツ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森林探索:

« ヤマガラ | トップページ | 盆栽に着生したクモランのルーツ »