2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« シイタケとナメコ | トップページ | 季節だより観察会(広見公園)② »

2018年1月10日 (水)

季節だより観察会(広見公園)①

今日も、風の強い一日でした。午後から、今年最初の季節だより観察会へ参加させていただきました。

Ap1101087 Ap1100997

ケヤキの木に集ったり、地面に這いつくばったり、とても怪しい集団です。平日で良かった・・

仮テーマは、「コケ・シダ観察」でしたので、教えていただいた苔を少し掲載します。

Ap1100968 Ap1100977

コモチイトゴケ・・触ると、猫の毛のようなソフトな感じの苔でした。

Ap1101052 Ap1101058

こちらはミノゴケというそうです。左は乾燥状態で、右はJA富士の緑茶で潤した様子です。鮮やかな緑色に変身しました。

Ap1101047 Ap1101061

蒴(胞子嚢)が、蓑を被ったようになる事からミノゴケと名付けられたそうです。

A1515574053 A1515574984

左は、ミノゴケの乾燥状態と湿潤状態をズームしてみました。コケは、乾湿の違いで別種のようになるのでますます難しい・・。

右は、とても小さな蒴をつけたサヤゴケです。修行が足りないので、上手く撮れません

ツバキやサザンカについても教わりました。

Ap1100937 Ap1100936

日本に自生するツバキの原種は、近隣で見る事の出来るヤブツバキと本州中北部に生えるユキツバキがあるそうです(下位分類では、タイワンヤマツバキなどもあり)。

ところで、八重咲のツバキは・・。

Ap1100935 Ap1100939

オシベが花弁化して八重咲になったものだそうです。ムクゲやヤブカンゾウなどと同様のようですね。身近な植物でも知らない事ばかりです。もっと勉強しなくては!

« シイタケとナメコ | トップページ | 季節だより観察会(広見公園)② »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
私は一人歩きが殆どなので、月一回のこの観察会は参加させていただく事にしました。
一人探索も自由で楽しいですが、こういう観察会も勉強になって良いものです。
家族も出歩く事には賛同してくれています。
ボケ防止に良いとか言っていました

おはようございます。
観察会 楽しそうですね! ^^
私の自冶会では 月1回ウォーキングが開催されていますが
「只お喋りしながら歩き 昼食を食べて帰ってくる」に、抵抗があり
私は参加していません(単に、横着者の言い訳です^^;;;)
いろいろな植物や動物たちの観察が出来れば 参加してみたいと、思わないでもないのですが。
横着者だからやはり不参加・・・・ (><))))) ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節だより観察会(広見公園)①:

« シイタケとナメコ | トップページ | 季節だより観察会(広見公園)② »