2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 季節だより観察会(西臼塚)② | トップページ | 季節だより観察会(西臼塚)③ »

2017年11月12日 (日)

再生休耕畑の野菜(11月中旬)

「季節だより観察会」の残り記事は後日にして、再生休耕畑の野菜を撮ってみました。

Apb120016 Apb120021

こちらは、今年二回目のジャガイモです。年末に、新ジャガが食べられます。

Apb120014 Apb120015

ダイコンも順調に育っています。立ち上がった葉の先端が垂れて来たら、収穫適期だそうです。以前は、適期を逃し、スがたってしまいました。

Apb120017 Apb120012

左は紅芯大根です。そろそろ間引きしなくては・・。

右はソラマメです。ポットに蒔いた苗を移植しました。普通種以外に、赤いソラマメと鞘の長いソラマメも、植えてみました。

Apb120064 Apb120041 Apb120060

移植が遅くなってしまい、ひょろひょろだったエンドウマメも何とか育っています。

中はニンニクです。数えたら65本ありました。右は、タマネギです。

Apb120059 Apb120008

タマネギは、極早生、赤玉、大玉、普通種を植えました。積算用のカウンターで数えたら、470本ほどありました。右の苗に比べて左は細いですね。私は通常左の細い苗を植えます。そのために、マルチングの穴を小さく開けてあります。

Apb120001 Apb120020

左は、球根を植え付けたニンニクです。成長が早いので驚きました。右は、趣味の野菜畑から移植したニラです。

Apb120031 Apb120034

左は葉野菜ですが名前を忘れました。右はシュンギクです。シュンギクはもっと早く蒔くつもりだったのですが、うっかりして遅くなってしまいました。

ダイコン(アブラナ科野菜)の横に植えると、モンシロチョウなどの幼虫を防ぐ効果があるそうです。もう、ダイコンは収穫時期が間近なので、仕方ないですね。こういう植物をコンパニオンプランツと呼ぶそうです。

いろいろ植えてあるでしょ?素人農業なので、どれも試し植えみたいなものです。でも、植物を育てるのは、楽しいものです。

« 季節だより観察会(西臼塚)② | トップページ | 季節だより観察会(西臼塚)③ »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再生休耕畑の野菜(11月中旬):

« 季節だより観察会(西臼塚)② | トップページ | 季節だより観察会(西臼塚)③ »