2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« つくば蘭展① | トップページ | つくば蘭展③ »

2017年11月24日 (金)

つくば蘭展②

続きです。

Cimg_0253 Cimg_0257 Cpb220294

ここは熱帯雨林温室・・アジアの熱帯雨林の植物を集めた温室です。大形のランが展示されていました。

左は、シンビジューム・トレイシアヌム(Cymbidium tracyanum)です。とても大形のランで、ミヤンマー、タイ北部、中国南西部原産だそうです。中はシンビジュームの仲間です。こちらもかなり大株です。右は、果実です。下垂れタイプのシンビジュームでしょうか?

Cpb220289 Cpb220290

花も、通常みるシンビジュームの仲間に比べてずっと大きい・・。

次は熱帯資源植物温室です。こちらでは、通常展示の植物以外に蘭友会などのランが展示されていました。

Cpb220169 Cpb220172

このランは、面白い花を咲かせるでしょ?近づくと変な臭いがしました。ハッカクレンやコンニャクなどのように有機物の腐敗臭がします。バルボフィラム・ファッシネーター・ブラック(Bulbophyllum fascinator Black)。日本で見るムギランなどの仲間だそうです。

Cpb220182 Cpb220189

左の花も面白いでしょ?プレウロタリス・スツラピファリア(Pleurothallis strupifolia)・・ブラジル原産です。

右は、バルボフィラム・ルイスサンダー(Bulbophyllum Louis Sander)です。

Cpb220188 Cpb220205

接写してみました。

右はバルボフィラム・アナンダレイ(Bulbophyllum annandalei)。原産地は、タイ、マレーシアなど。

Cpb220203 Cpb220204

こちらも仲間・・バルボフィラム・ロスチャイルディアナム(Bulbophyllum rothschildianum)。インド原産だそうです。

「どうしてこんな形の花を咲かせるのだろう?」なんていろいろ想像しながら見るのも楽しいです。もちろん、其々に理由があるはずですが・・。

今日は、父親が作ったミニ農作業小屋を直しました。新たに作った方が楽なのですが、解体の手間と片付けが発生しますから、直す事にしました。明日、屋根のトタンを貼れば完成です。何でも自分でやって見ると面白いです。

« つくば蘭展① | トップページ | つくば蘭展③ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つくば蘭展②:

« つくば蘭展① | トップページ | つくば蘭展③ »