他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 亜高山帯の林床に生える植物観察 | トップページ | 樹上の居候(富士山) »

キンポウゲ科トリカブト属

富士山や愛鷹山周辺で一般的に見られるトリカブトは、ヤマトリカブトだと思っていますが、自生地によって花色などに変異が多く、私には良く分かりませんのでトリカブト属としました。「林縁では斜上し、草原では直立する」とあります。愛鷹山系の渓谷で見るトリカブトは、懸崖のような姿です。

【富士山富士宮口5合目付近】

Ximg_8201

手の届かない斜面に咲いていたので、望遠ズームで撮りました。花色は、個体毎に微妙に違いがあります。この花は濃いですね。

Xp9110827

手の届くところに咲いていた花です。

Xp9110828 Xp9110829

結構面倒な(複雑な)形をした花です。

Xp9110831 Xp9110833

花芯をズーム。オシベに毛の生えたものと無毛のものがあると書かれています。この個体には毛が見えます。

ちょっと変わった花を発見!

午前中の一人歩きと午後の観察会でヘトヘトになり、気合を入れて撮りませんでしたので、ピンボケになってしまいましたcoldsweats01

Xp9110855 Xp9110856

烏帽子に白い鼻筋が通っています。ハクビシンの顔みたいですね。

Xp9110858 Xp9110860

こちらにも・・。数株ありましたから、固定した変異(実生株も同じ花が咲く)だと思います。

【高鉢駐車場付近】

Xp9110893 Xp9110922

まだ蕾だけの株が、彼方此方にありました。5合目では、果実の姿も見ましたから、個体毎の開花時期にかなり違いがあるようです。

Xp9110926 Xp9110925

5合目の花は、烏帽子を被っていましたが、ここの花は烏帽子が浮いている・・。この花を撮った時間は、17時を越えていました。もの好きでしょ?

【西臼塚周辺】

Xp9131216 Xp9131227

こちらは、トリカブト属レイジンソウです。花冠や花柄に開出毛があると、レイジンソウだと書かれていました。諸先輩は、アズマレイジンソウと呼んでいるようですが、これは屈毛ではなく開出毛ではありませんか?

Xp9131206 Xp9131213

咲き始めなので歪な花ですが・・。「アズマレイジンソウのメシベは無毛」とあります。これで見ると、無毛のようですが・・。

あるWeb図鑑に、「開出毛があってもアズマレイジンソウと呼んでいる地域がある」というような解説がありました。素人は迷ってしまいます。困ったものだ・・。

« 亜高山帯の林床に生える植物観察 | トップページ | 樹上の居候(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65786527

この記事へのトラックバック一覧です: キンポウゲ科トリカブト属:

« 亜高山帯の林床に生える植物観察 | トップページ | 樹上の居候(富士山) »