他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キンポウゲ科トリカブト属 | トップページ | ピンクのツリフネソウとの再会(富士山麓) »

樹上の居候(富士山)

林床に生える、ある植物を探し歩きました。下ばかり向いていたので、首の運動に樹上に着生する植物も撮ってみました。

Aimg_8467

スグリの仲間、ヤシャビシャクに果実が生っていました。緑色のまま熟しますが、とても良い香りがします。実生発芽率の高い植物です。わざわざ厳しい環境に生えているのは、どうしてでしょう?

Aimg_8316 Aimg_8516

こちらは、果実が見えません。実生発芽後、早いもので2年目には果実を付けます。

右はマツノハマンネングサです。絶滅危惧種に指定されていますが、この辺りには結構生えています。

Aimg_8431 Aimg_8520k

フガクスズムシも、コケやノキシノブに守られるように生えていました。

Aimg_8444 Aimg_8458

左の写真には、ダイモンジソウの影にフガクスズムシが隠れています。ダイモンジソウの開花は、もう少し先かと思っていたのですが、咲いている株もありました。園芸品を栽培している人は、「下界でもまだなのに、富士山ではもう咲いている?」と思われたかもしれません。冬の訪れの早い山のダイモンジソウは、下界よりもずっと早く咲きます。

Aimg_8491 Aimg_8493

こちらでも・・。

Ap9131095 Ap9131097

手の届くところ(低いところ)は、日照の関係かまだ蕾でした。

Ap9131093 Ap9131088

こちらは、倒木に居候しているダイモンジソウです。ダイモンジソウの花茎は、このような赤軸と上の写真のような緑軸があります。でも、花は同じです。

Aimg_8510 Aimg_8504

アオベンケイも蕾を持っていました。

Aimg_8495 Aimg_8500

次に訪れる時には咲いているかな?アオベンケイは、絶滅危惧種に指定されておりませんが、私の探索エリアではマツノハマンネングサよりも遥かに希少種です。

ところで・・。

Aimg_7906 Aimg_7908

別のところで出会ったベンケイソウの仲間です。近視で老眼の私は、最初ヒヨドリバナかと思いました。アオベンケイよりずっと丈が大きかったので・・。

私には初見の植物・・ミツバベンケイソウです。「葉は3個輪生・・」とありますが、左の写真で分かるように、4個輪生している場合もあります。

週末の台風が心配です。早く消滅してくれないかな・・。

« キンポウゲ科トリカブト属 | トップページ | ピンクのツリフネソウとの再会(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65790478

この記事へのトラックバック一覧です: 樹上の居候(富士山):

« キンポウゲ科トリカブト属 | トップページ | ピンクのツリフネソウとの再会(富士山麓) »