他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 花いろいろ(富士山) | トップページ | ミズヒキ(白花) »

酔芙蓉の花

ほろ酔いの花・・酔芙蓉が咲いていましたので、観察してみました。

【ほろ酔い前】

Ap9080232 Ap9080233

9時くらいに撮りました。純白の綺麗な花です。

【ほろ酔い後】

Ap9080254

12時くらいには、皆ほろ酔いでした。昼間からほろ酔いで、困ったヤツですね。

Ap9080238 Ap9080252

淡いピンクが綺麗でしょ?夕方から夜になると更に赤くなりますが、ほろ酔いくらいが丁度良い・・。

それなのに・・。

Ap9080263

真っ赤になって、酔いつぶれているヤツもいました。こちらは前日咲いた花のようです。朝咲いて夕方には萎む一日花ですが、花は次々と咲きます。

【友情出演】

Ap9080235 Ap8283158

左は隣の畑のサトイモです。何と、花が咲いていました。コンニャクの花は時々見かけますが、サトイモの花はなかなか見る事がありません。

右は、趣味の果樹畑で、雑草と競い合いながら実を生らせた辛子類です。細長いのは鷹の爪、丸いのはハバネロ、ハバネロが縦長になったようなのはブートジョロキアです。

ハバネロとブートジョロキアは、同じ仲間の香りがします。特にブートジョロキアは、取扱注意です。悪魔の唐辛子と呼ばれ、ハバネロよりも数倍辛いそうです。手に付いた果汁を洗っても、その手で首や顔を触ったらボカボカしました。ラーメンには、これ以上細かく切れないというくらい極小の切れ端を、2~3個入れただけでむせる様な辛さでした。ラッキョウ漬けに入れようと思っているのですが、どれくらいで良いのか思案中です。

« 花いろいろ(富士山) | トップページ | ミズヒキ(白花) »

果樹野菜」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
里芋の品種名は、分かりません。
花を咲かせるコツも分かりませんが、寿命が来るほど成熟した芋では無いかと思います。
コンニャクの花が咲くと、寿命だと聞いた事があります。
里芋を植えて置くと雑草が生えにくいので、空いた所に植えるようにしています。
家族に無理に食べさせています。

おはようございます。
酔芙蓉 大輪で 上品で なかなか見応えがある花ですね!
 二日酔いにならない程度のアルコールで願いたいものです^^;;

花が咲いた里芋 品種は何でしょうか?
昨年 菜園仲間の畑で里芋の花を見ました。
品種を訊いたら「筍芋(京芋?)」との事で 種芋を少し分けて貰いました。
我が家からちょっと離れていて しかも収穫するものが無いので
つい足が遠のいていますが 花が咲きそうな気配を感じられません。
咲かせるコツをご存じでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65766241

この記事へのトラックバック一覧です: 酔芙蓉の花:

« 花いろいろ(富士山) | トップページ | ミズヒキ(白花) »