他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツリフネソウ属の花 | トップページ | キンポウゲ科トリカブト属 »

亜高山帯の林床に生える植物観察

「季節だより観察会」の前に、亜高山帯の針葉樹林内を一人探索して来ました。

Aimg_8106 Aimg_8114

富士山の針葉樹林は、場所によっていろいろな姿を見せてくれます。少し日照の良い所では、フウチソウの仲間が目立ちました。針葉樹の香りを浴びながら、右のような苔むす林床を歩くのは気持ちが良いものです。

Ap9110607 Ap9110710 Ap9110708

林床の植物達は、果実を実らせていました。左はイワカガミ、中と右はコイチヤクソウです。

Ap9110608 Ap9110624

こちらは、イワカガミとコバノイチヤクソウ。このエリアのイチヤクソウ属は、全体的にコバノイチヤクソウが多く見られます。

Ap9110609 Ap9110610

コイチヤクソウにジンヨウイチヤクソウです。コイチヤクソウとコバノイチヤクソウ・・紛らわしいですね。コイチヤクソウを、照り葉イチヤクソウなんてどうでしょう?

A1505200745 A1505200826

果実を集めてみました。イワカガミ、コバノイチヤクソウ、コイチヤクソウ、ジンヨウイチヤクソウの果実です。

更に進むと・・。

Ap9110638 Ap9110637

苔に守られたイチヨウランの葉を見付けました。このブログで幾度か触れましたが、イチヨウランの葉は秋に更新します。大きな葉は、やがて黄色くなって枯れます。

Ap9110721 Aap9110767

この辺りに生えるイチヨウランは、葉が小さく花茎は短く花もか弱い感じで、下界のイチヨウランとは別種のようです。

右は、ツバメオモトでしょうか?株元には新たな芽が姿を現していました。深山の植物達は、冬支度が早いようですね。

Ap9110687 Ap9110679

こちらは、ミヤマウズラの仲間です。一般的には、この標高に生えるのはヒメミヤマウズラですが、御覧の様に斑が薄く下界に生えるミヤマウズラのようです。以前、これと似た葉でヒメミヤマウズラと同じように小さな葉で、蕾の上がった個体に出会いました。でも、まだ花を確認しておりません。チャンスがあったら、また掲載したいと思います。

Ap9110689 Ap9110601

最後に、シラビソの球果とタケシマランの果実です。

久々の針葉樹林探索で、体力を消耗してしまいました。そろそろ自分の体力を考えて行動しないといけませんね。

スズメウリの記事に、雌花を追加しました。

« ツリフネソウ属の花 | トップページ | キンポウゲ科トリカブト属 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65782227

この記事へのトラックバック一覧です: 亜高山帯の林床に生える植物観察:

« ツリフネソウ属の花 | トップページ | キンポウゲ科トリカブト属 »