他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シャクジョウソウとイチヤクソウ | トップページ | ヘビウリ(ゴーダビーン) »

キキョウ科の花

また、一日雨降りでした。本当に良く降りますね。

今日の記事は、最近出会ったキキョウ科の花を集めてみました。

【ツリガネニンジン】

Qp8050362 Qp8050359

近くの道沿いに咲いていました。この花は、個体によって花色や釣鐘の形に変異があります。

【ヒメシャジン】

Qp8060605 Qp8060606

富士山富士宮口5合目付近には、このヒメシャジンとミヤマシャジンが咲きます。ヒメシャジンは、萼片が細長く鋸歯があります。また、花柱が花冠の先端から出ないのもミヤマシャジンとの違いです。でも、これも個体によっては微妙なものもあります。上のツリガネニンジンのように、長く出ていると迷わないのですが・・。

Qp8060603

花の中を撮ってみました。

【ミヤマシャジン】

Qp8060669 Qp8060666

同じ場所でも、個体毎の開花時期に差があります。まだ全部蕾の株もありました。

Qp8060671 Qp8060673

こちらは萼片に鋸歯がありません。また、「花柱の先端が花冠の先端から僅かに出る」とあります。

※ヒメシャジンとミヤマシャジンは、葉幅が細いものにホソバ〇〇と付けて、区別しているそうです。数字が書かれていましたが、堺の区別が難しいので、私はそのままで呼んでいます。

【ヤマホタルブクロ】

Qimg_6617 Qimg_6600

ヤマホタルブクロの花色も様々です。標高の高い所に生えるものは丈が低く、低い所に生えるものと別種のように見えます。また、亜高山帯の砂礫地などでは、晩秋でも花を見る事があります。

キキョウ科の花・・9月下旬頃になれば、近くの渓谷にお気に入りのイワシャジンが咲き始めると思います。待ち遠しい!

« シャクジョウソウとイチヤクソウ | トップページ | ヘビウリ(ゴーダビーン) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65671661

この記事へのトラックバック一覧です: キキョウ科の花:

« シャクジョウソウとイチヤクソウ | トップページ | ヘビウリ(ゴーダビーン) »