2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ナツエビネの花(富士市) | トップページ | 龍潭寺の植物観察 »

2017年8月19日 (土)

龍潭寺(浜松市)

先日、家族の希望で、井伊家ゆかりの龍潭寺(りょうたんじ)などへ行って来ました。久々の史跡探訪です。

Bimg_7283

井伊直虎ゆかりの地は、各所大人気です。

遠州の古刹「龍潭寺」・・ここを訪れるのは、40年振りくらいでしょうか?小堀遠州作の庭園だけが、微かな記憶に残っていました。

Bimg_7156 Bimg_7163

こちらは、山門の様子です。黒地に赤文字で書かれた「萬松山」の山号額は、朝鮮通信使の雪峯が彦根藩井伊氏の下で書いたものだと解説されていました。

この山門は、1656年(明暦2年)に再建され、下の鐘楼堂の次に古いそうです。明暦は、第4代将軍徳川家綱の時代です。

Bimg_7171 Bimg_7173

左が現在の鐘楼堂で、右が旧鐘楼堂・・現在は東門となっています。約400年前の建物で、龍潭寺では一番古いそうです。井伊家の重臣中野直之の次男が寄進したと書かれていました。

Bimg_7231 Bimg_7214

こちらが本堂です。1676年(延宝4年)に再建されました。

さて、記憶に残る景色は・・。

Bimg_7186 Bimg_7216

微かな記憶がこの画像と重なり、頭の中に再登録されました。

「中央に守護石、左右に仁王石、手前正面に礼拝石が配され、さらに池の形が心字池となっていて典型的な寺院庭園として貴重なもの」というような解説放送が流れていました。参拝者の多くは、縁側に座って見とれていましたよ。

Bimg_7175 Bimg_7242

左は本堂前の庭園です。こちらも落ち着ける景色です。お地蔵さんの後ろに井伊家墓所があります。お地蔵さんの帽子、洒落ているでしょ?

最後に、龍潭寺境内から南へ少し歩くと・・。

Bimg_7294

稲田の中に、井伊共保公出生の井戸があります。思っていたより浅い井戸でした。井戸の傍らに橘の木が植えられていた事から、「橘」を家紋とし「井」を旗幕の紋としたそうです。

Bimg_7285 Bimg_7289

井伊氏初代共保公は、直虎のご先祖様になります。1010年(寛弘7年)に生まれたと伝えられているそうです。平安時代から続く、古い家柄だったんですね。

Bimg_7298

井戸から南側を見た景色です。正面に見えるのは稲荷山でしょうか?

この日は、朝7時頃家を出て、気賀関所~大河ドラマ館~龍潭寺~竜ヶ岩洞~方広寺とまわって、14時頃には富士へ戻りました。新東名が出来て、とても近くなりました。

« ナツエビネの花(富士市) | トップページ | 龍潭寺の植物観察 »

史跡探訪」カテゴリの記事

呟き日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍潭寺(浜松市):

« ナツエビネの花(富士市) | トップページ | 龍潭寺の植物観察 »