2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 気になった果実(富士山) | トップページ | シダ植物(富士山) »

2017年8月28日 (月)

ナンバンギセル(裏庭植物園)

家の裏庭に、ミョウガのエリアがあります。数年前より、そこにナンバンギセルが生えるようになりました。

Ap8283184 Ap8283223

ナンバンギセルは、ススキ、サトウキビ、ミョウガなどの根に寄生する一年草です。ミョウガが元気をなくしてしまうなら、除去しようと思ったのですが、とても元気なので果実が出来てもそのままにしています。

A1503914609 Ap8283221

一茎一花ではなく、数個の花を付けます。「茎のように見えるのは花柄で、茎はごく短く殆ど地上に出ず・・」とあります。

Ap8283186 Ap8283194

下から撮ってみました。モニターを見れないので、感で撮りました。どうした事か、花冠の外れた花がありました。異様に大きいメシベの柱頭(黄色い球形)が見えています。

Ap8283181 Ap8283179

花を正面から撮ってみました。其々、花冠の縁と柱頭にピントを合わせたつもりです。

Ap8283212 Ap8283209

デジタルズームしてみました。左の写真には柱頭の下部と花筒の内壁に白い花粉が見えています。

オシベは何処にあるのだろう?違う花で柱頭の奥を覗いてみると、オシベがありました。でも、見えない花もありましたから、受粉が終わるとオシベは溶けてしまうのかもしれません。花筒の外れた上の写真を見ると、花柱の下の方に、赤紫の痕跡があります。

花の構造を観察するには、切断してみれば良いのですが、素人なので敢えて傷めるのは控える事にしました。

今夜は、ミョウガの酢味噌和えで一杯です。

« 気になった果実(富士山) | トップページ | シダ植物(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバンギセル(裏庭植物園):

« 気になった果実(富士山) | トップページ | シダ植物(富士山) »