他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シダ植物(富士山) | トップページ | 亜高山帯の針葉樹林に咲く花 »

アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬)

アキザキヤツシロランの、実生栽培実験容器を覗いてみました。

Ap8303249 Ap8303267

所々に、このような白い菌子束が伸びています。容器内を見まわすと、褐色の菌子束も確認出来ます。キノコの種類により、菌子束の色も違うそうです。

右は竹林の部材ですが、左はスギの球果です。もしかしたらスギの球果にも菌子束が伸びるかもしれないと思い、入れてみました。これが、アキザキヤツシロランに栄養供給するキノコか分かりませんが・・。

Ap8303254 Ap8303253

クロヤツシロランの実験容器に比べて、根状器官(仮称)があまり目立ちません。前記事にも書きましたが、部材で塊茎を覆ってあるため、その姿や根状器官を観察し難いのですが、竹の葉や木切れの間に少しだけ姿を現しています。

Ap8303272 Ap8303266

左はどうなっているのでしょう?頭(花茎)が下を向いているように見えますが・・。

右はついでに掲載した、コオロギの実生実験容器です。今年で三年目になりますが、姿を現してくれません。コオロギの自生地の菌糸ではなく、ベニシュスランやハクウンランの自生地の菌糸を使用しましたので、どうも菌糸が合わないようです。写真に写っているのは、ベニシュスランかハクウンランの根茎ではないかと思います。部材に紛れ込んでいた種子かプロトコームの成長したものだと思います。

更に容器内を探すと・・。

Ap8303276 Ap8303278

①の容器に、花茎の先端らしきものが姿を現していました。

Ap8303256 Ap8303259

②の容器にも・・。

各々1本ずつですが、何とか花を見たいものです。ここまで来たら、見守るしかありませんが・・。

地味なものばかりでしたから、目の保養に・・。

Aimg_7872

我が家で咲いた、最後のカノコユリです。同じようなところに植えてあったのですが、株によって開花時期にかなりな開きがあります。

◇農薬散布

今日は、シキミの農薬散布をしていました。前回の散布から10日くらいになります。この農家は、7~10日間くらいの頻度で農薬散布しています。文句を言うようになってから、土・日などは避けるようになったみたいですが、うっかり窓を開け放しで置くと室内が農薬臭くなってたまりません。周辺の道にも頻繁に除草剤を散布するし、本当に困ったものです。規制する良い手段は無いものでしょうか?

« シダ植物(富士山) | トップページ | 亜高山帯の針葉樹林に咲く花 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65729646

この記事へのトラックバック一覧です: アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬):

« シダ植物(富士山) | トップページ | 亜高山帯の針葉樹林に咲く花 »