他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬) | トップページ | アケビコノハの幼虫 »

亜高山帯の針葉樹林に咲く花

一人下山散策の時、シラビソやカラマツ林で出会った花を集めてみました。

【コバノイチヤクソウ】

Cp8252685

コケモモの中に咲く、コバノイチヤクソウです。

Cp8252687 Cp8252683 C1504159197

花茎を観察すると、赤軸と緑軸があります。花は終盤を迎え、場所によっては花柱の付いた特徴ある果実が出来ていました。

この標高では、他にコイチヤクソウ、ジンヨウイチヤクソウ、ベニバナイチヤクソウなどを見る事が出来ます。混在しているところもありますが、全体的には種類ごとに住み分けしているように思います。

【ミヤマフタバラン】

Cp8252714 Cp8252695 C1504159573

こちらも、花柄子房が膨らみ始めていました。この植物も花茎が赤軸と緑軸のものがあります。でも、今回は緑軸が見当たりませんでした。

Cp8252720 Cp8252726

花を接写してみました。フタバラン類(サカネラン属)は、人形のような花が多いですね。

この野生ランは、駿河の峰よりも甲斐の峰の方がずっと多く見られます。フタバラン類はみんなそうかも?

【アオスズラン】

Cp8252734 Cp8252745 Cp8252834

散策ルートで、一番標高の高い所には、まだ花が残っていました。少し下ると、右のように花が萎れ子房の膨らみ始めた株が、目につくようになりました。

Cp8252739 Cp8252742

しっかり開いた側花弁と側萼片が、立ち合い姿の力士を連想させます。

このエリアで見るアオスズランは、毎年同じ場所で出会う事が少なく、悪い小父さんに連れ去られたのかと思う事が多々あります。特殊な環境に生える野生ランの姿が見えなくなるのは、そればかりではないと思いますが・・。

でも、毎年何処かで出会えると、ちょっぴりだけ安心します。

【ヒメミヤマウズラ】

P8252901 Zp8252886

下界に生えるミヤマウズラに比べて、ずっと小さな植物です。駿河の峰で見るヒメミヤマウズラは、特に小さい気がします。場所によっては、斑があまり目立たない個体もあります。そして、この野生ランも甲斐の峰の方が個体数が多く、葉の斑もはっきりしています。

Zp8252884 Zp8252883 Zp8222355

花が咲いていましたが、今年は下旬の散策だったため既に傷み始めていました。右は、この場所より標高1,000mくらい低い所で見つけたミヤマウズラの蕾です。

Zp8252904 Zp8252898

カラマツの低い枝の下に咲いていたため、思ったように撮れませんでしたcoldsweats01

今日も暑かったけど風の強い一日でした。週末には、ボランティアで沼川の草刈りがあります。台風の進路は、どうなるのだろう?

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬) | トップページ | アケビコノハの幼虫 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65733389

この記事へのトラックバック一覧です: 亜高山帯の針葉樹林に咲く花:

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬) | トップページ | アケビコノハの幼虫 »