他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キキョウ科の花 | トップページ | ナツエビネの花(富士市) »

ヘビウリ(ゴーダビーン)

この不気味な果実の生る植物は、二度目の登場です。

Aimg_7306

果実が蛇のようでしょ?初めて見た時、蛇の苦手な私は思わず叫んでしまいました。

Aimg_7339 Aimg_7333 Aimg_7335

どれを見ても不気味です。しかも、熟すと赤橙色になるそうです。ますます不気味ですね。

Ap8171841

花を撮ってみました。

カラスウリの花に似ています。カラスウリは夜開花しますが、こちらは日中に咲いていました。

Ap8171842 Ap8171843

石積みのところに植えられていましたので、接写出来る花が限られます。だから、同じような写真ばかり・・。

Ap8171849 Ap8171847k

この植物は、インド原産で東南アジアの熱帯雨林地域に生育するそうです。別名は、ケカラスウリ、ゴーダービーンなど。

近縁種の花を掲載します。

Ap8050690 Adsc02738

こちらは、日本に自生しています。左はカラスウリ、右はキカラスウリの花です。両方を合わせたような花ですが、どちらかというとカラスウリに似ていますね。

ヘビウリの若い果実は食用になるそうです。種が手に入ったら、趣味の野菜畑に植えてみたいものです。野生動物の被害が減るかも?

« キキョウ科の花 | トップページ | ナツエビネの花(富士市) »

果樹野菜」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65676049

この記事へのトラックバック一覧です: ヘビウリ(ゴーダビーン):

« キキョウ科の花 | トップページ | ナツエビネの花(富士市) »