他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 樹上に生える野生ラン | トップページ | キバナノショウキラン »

オニノヤガラ

今年も、オニノヤガラに出会う事が出来ました。

Ap7192257 Ap7192252 Ap7192253

まだ開花前でした。昨年の今頃は花が開き、下段は花筒が萎れて子房が膨らんでいました。この植物も、例年に比べて遅れているようです。コンデジでは、ピントが合わせが難しく、全体像が上手く撮れませんcoldsweats01

長く伸びた花茎の上部は柔らかく、アスパラのように茹でて食べれば美味しいかも?

Ap7192260 Ap7192268

開花に向け、蕾が徐々に向きを変えているのが分かります。面白いですね。

Ap7192239 Ap7192240

昨年は、花を見に行ったら何者かに食べられていました。シカ等の食害に遭わないで、このまま無事に結実し、種を飛散してほしいものです。

Ap7192267

花柄部分を接写してみました。向きを変えるために、捻じれているのが分かります。植物は、細かく観察すると不思議がいっぱいですね。

A1500534017

一番最初に開花すると思われる蕾です。標高の低い所に生えるオニノヤガラに比べて、緑色が目立ちます。

最後に、昨年この近くで撮った花を掲載します。

Ap7102562 Ap7102566

雨に濡れた後で撮ったため、水滴が付いていますが、青緑色の綺麗な花でしょ?フグの口を連想しました。

この植物は、ツチアケビと同じくナラタケ属(キシメジ科)と共生するそうですが、種子発芽の時はクヌギタケ属に依存するそうです。面倒な奴ですね。中国では栽培法が確立され、生薬として利用されていると書かれていました。

花が咲くと、地中の塊茎は枯れてしまうのか、全く同じ場所で翌年見る事はありません。ただ、その周辺に生えてくる可能性は高いので、付近を探すと出会えるかもしれません。

« 樹上に生える野生ラン | トップページ | キバナノショウキラン »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65558423

この記事へのトラックバック一覧です: オニノヤガラ:

« 樹上に生える野生ラン | トップページ | キバナノショウキラン »