他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 信濃の国で出会った野生ラン | トップページ | 果樹・野菜畑の自然観察 »

オニドコロの雄花と雌花

ヤマノイモやオニドコロが、雌雄異株であることを今年知りましたcoldsweats01。花が咲いていましたので、観察してみました。

【雄花】

Ap7270135 Ap7270141

雄花は沢山咲き、花期が長いようです。6個のオシベが確認出来ます。

【雌花】

Ap7270127_2 Ap7270143_2

浮島ヶ原自然公園で見付けた雌花です。

Ap7270177 Ap7270185

こちらは、趣味の果樹畑で見つけた雌花です。

Ap7270193 Ap7270197

子房が成長して、行司の軍配の様になって行くのが分かります。

Ap7270191

雌花を接写。3裂した花柱が見えています。その奥にあるのは退化したオシベでしょうか?

今回の写真では分かりませんが、雄花序は直立し、雌花序は垂れ下がっていました。雄花序の花期が長いのは、雌雄異株の他の植物にも見られます。多様性の維持のためでしょうか?

ヤマノイモやオニドコロには、全て根茎(芋)が付くので、雌雄異株ではないと思っていました。しかも、特徴ある果実(蒴果)は、どれにも付くと思っていたのです。先入観が、観察する気持ちの障害となっていました。反省しなくては・・。

« 信濃の国で出会った野生ラン | トップページ | 果樹・野菜畑の自然観察 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65587394

この記事へのトラックバック一覧です: オニドコロの雄花と雌花:

« 信濃の国で出会った野生ラン | トップページ | 果樹・野菜畑の自然観察 »